FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

煩悩スイムをやる意味

昨日煩悩スイムで5400m泳いで、最後には背中がバッキバキに(^^;

午後もずっと重だるい感じでしたが、一日寝て起きたらだいぶマシです。
ずっと動かし続けた時間が長いから筋疲労は起こったけど、
負荷自体が低いからそんなに残りませんね。
「強いチューブを5分引き続けた」って方が残るんだろうと思います。

もしくは「バタフライ200m」(笑)

なので、ハルさんの言うように、筋トレしなくてもバタフライしてれば強い負荷はかけられると思います。
1ストローク=1REPの筋トレ。

でもバタフライで負荷をかけられるほど上手にバタフライができないし、
動作をしながらの筋トレは「負荷を逃がしやすい」んですよね~(^^;
つまり狙った筋肉に効きにくい。
なので、よりダイレクトに広背筋に効かせたいならラットプルダウンマシンを使うか、
強いチューブを正しいフォームで引くことだと思います。


50mを108本泳いで、いろんなことが分かりました。
今年の煩悩スイムは今までやってきた中で一番発見が多かったです。
1分サークルというサークルタイムがよかったのと、
10本ごとに1分~2分というセットレストもよかった。

これが、以前やったように55秒サークルにしたらただの作業になっただろうし、
1分10秒だったら休み過ぎて負荷がかかる時間が短くなりすぎた。
セットレストがなかったら後半は技術に意識をやることが難しかった。

なので、もしこれからやろうという方がいらしたら、
・メインレースの距離のレースペース+10秒くらいのサークルで
・10本1セット
・セットレスト1分(後半は2分)
というメニューがいいと思います。
これならイベントじゃなくても自分一人でもできますしね。
数えんのしんどいけどwまあ10秒レストあったらカウンターは押せるんちゃうかな?

blog_598aee5d36bfa2880e5657b6be427fe3.jpg
出展:http://www.sportsoasis.co.jp/blog/27/201401/07.html


50本~70本目くらいから落ち始めるので、その原因を泳ぎながら探る。
そして修正する。
それが煩悩スイムをやる意味、というかやるとしたらそこを目的にすればいいんじゃないか、と思います。
レースペースの1500mとかやっても発見はできるんですけど、
レスト入れないとなかなか修正できないんですよね。

私の場合は、70本くらいから明らかに落ちたんですが(48秒→50秒)、
・顔が前を向き始めて呼吸で頭が上がっていた→上がらないように向きを修正
・キャッチができずグライドの手がすぐ落ちていた
→リカバリーの手が戻ってくるのをちゃんと待って、しっかりキャッチの手を作ってからかくよう修正
したら、ちゃんと48秒に戻りました。

こういう経験って絶対レースにも生きるので(レース中に同じことを思い出す)
煩悩スイムじゃなくてもレースペース×高回数のインターバルはとても有効だと思います。
普段から50m×40くらいはやろうかな?
時間のある時に76本(3800m、五島のスイム距離)何回かできれば自信になるね。


なお、これをランにしてるのがNSIでやってるモンスターランですよね。
((800mレースペース+jog)×42本)
一度も参加したことないんですけど、これ一人でやってみようかな~。

できるとしたら元旦かな。実家帰ったら大阪城公園がすぐなんで。
ロングのランパートの目標レースペース(6’00)で800m(4'48)+歩きかジョグ10秒を42本はどうだろう?
5分×42で210分、3.5時間か。よさそう(^^)
初日の出見た後からスタートだとお雑煮に間に合わないんで5時スタートかな~。

誰か一緒にやる?(*^-^*)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

バイクだと堺浜一周5㎞+レスト、で36周(180㎞)かなwww
絶対やりたくないwwww

煩悩まみれのオカンをどうぞ応援してください♡
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : トレーニングネタ

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する