暑い日でも完走するための3か条

日曜の篠山マラソンの結果速報が出てました。

当日速報

2018-03-06 (1)

完走率78%!ひくっ!!!(@@;
2000人近くリタイアしてる・・・。

確かにいきなりの気温上昇だったですもんね。
身体の準備ができてないから発汗量が多くて脱水しちゃうんですよね。
マラソンの強度には厳しい暑さだったと思います。
完走された方も残念ながら途中で止められた方もお疲れ様でした。


気温はスタート時点で14.7℃でちょっと肌寒いくらい。
(まあ着ぐるみでしたからぬっくぬくでしたけどw)

昼頃に17℃って気温表示を見たかな。
日が差してる時は暑さを感じて脱水の初期症状すら感じましたけど
後半は風が当たって気持ちいいくらいでした。
ゴールしてからが一番暑かった(^^;


発汗過多と急速な給水によりしばらく身体の調整機能が狂ってますので
異常に浮腫んだりしますが数日で収まるので大丈夫です(^^)
私も1㎏増えてますw



もうマラソン大会は減っていくので大丈夫だと思いますが、
今回走りながら感じたことや取っていた暑さ対策は
ロングトライアスロンの最後のフルマラソンには当てはまるだろうと思うので
書き残しておこうと思います。

国内ロングは4月の宮古島(28℃前後)、6月五島(26℃前後)、
7月皆生(30℃前後)、9月佐渡(28℃前後)と五島を除けばみな暑い状況で走るので
今回みたいな20℃で着ぐるみランももしかしたらいい練習になったかもしれません(笑)


私が思う、暑い気温でもフルマラソンを完走するための3か条です。

①水は飲むよりかける
飲んでもいいんですけど、暑いと胃の消化機能が落ちているので
飲んでも消化されず胃に溜まってしまうことがよくあるのです。
これが吐き気に繋がると一気に完走が危うくなります。

飲んでもエイドの紙コップ半分をチビチビと。
多いなと思ったら飲みきらない。口に含んだまま走りだしてもいいくらいです。

それより身体にかけて体温を下げる方が大事です。
頭、顔、首、脇、手のひら手の甲、肘の内側、あたりかな。顔と首は特に効きますね。
足にかかるとマメができやすくなるので、そこは注意。
かけた後が向かい風ならラッキーです。一気に体温が下がり心拍も下がるのが体感できると思います。


②電解質を摂る
発汗によるミネラル流失を補うために、レース前とレース中に電解質サプリを。
バイクならバイクボトルにOS-1や電解質パウダーを溶かす。
ランは私はこれを使います。2RUN。


ミネラル不足で怖いのが意識がもうろうとすることです。
3年前の五島がそれでした。
塩を直接取るのは胃壁を急激に荒らすのでよくないですが、ないよりはマシです。
持ってなかったらエイドで塩でも梅干しでもいいからとにかくナトリウムを。


③運動強度をコントロールする
今回やばっと思って早めに対処したのがこれです。
軽快に走ってましたがやはり全身フリース生地の着ぐるみの熱こもりはかなりのもので
顔がポカポカして頬が真っ赤になっているであろうというのが分かりました。
普段ならゾーン3でもフルマラソンは走り切りますが、今回は身体に水もかけられないので
意識して運動強度を下げました。

心拍数はすぐに下がり、そこからの発汗量が一気に減った感覚がありました。


フルマラソンでタイムを求めて走っているとなかなかそうは言ってられないと思いますけど、
ロングのトライアスロンはタイムより完走(じゃない?^^;)。
何が何でも目標タイムを求めるのではなく、身体の発信するサインを感じ取り
途中で強度コントロールしながらゴールに向かうことも必要だと思いました。

そのためには、練習や練習レースでそういう心づもりや強度コントロールの経験を積んでおくのも
重要だと思います。




ご参考になる方がいらっしゃれば嬉しいです(^^)


ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます。

付け加えるとすれば、暑い日に着ぐるみで走るのは止めよう、かなwwww
冗談はともかく、ウェアも大事です。
湿度が高ければ露出を多く、湿度が低ければ露出を少なく。
前者は熱がこもるから、後者はすぐ乾くから濡れた布で覆うと体温を奪うからです。

下調べと準備で完走の可能性は上がります。
練習も大事ですが準備も大事!o(^-^)o

私も油断せず毎レース準備しっかりします!
次も頑張れって応援宜しくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

関連記事

コメント

暑い時期のレースはタイムよりも、安全に完走目標になっちゃいますよね。3ヶ条はウルトラマラソンにもあてはまると思います(まあ、着ぐるみで100km走る超人もいますけど(;・д・))

私は、岩手で奥州きらめきマラソンフル5月20日に走りますが、暑さが心配(昨年は30℃超え^^;)
Re: タイトルなし
◆arisanさん
そうですよね~(^^;
なので、10月や4月の大会はタイム以外の目的も持っておきたいですね。
そうじゃないとあきらめないで救急搬送されちゃうかも・・・。

私暑い日のウルトラは出たことがないんですが、想像するだけで地獄ですねwww

5月下旬のフル!!!(@@;
30℃かぁ・・・カナダがそれくらいだったんですが、あっちは湿度が低くてカラッとしてるから
そんなに辛くなかったんですよね。
日本の30℃は嫌だなあ(^^;
しっかり暑熱順化して臨んで下さいませ^^

管理者のみに表示