疲労管理にはリカバリータイムよりTSB!

今日は朝からかなりの疲労感です(笑)


まあ、昨日いっぱい運動したからな(笑)

でも運動強度はほんとに低かったし、
筋肉痛とかどこにも全くないんですよ。

あ、スネは疲労してる感バリバリありますね。
力が入りにくい。
明日はブリックラン絶対やめとこ。


この疲労感だけど、ガーミンのリカバリータイムはもう0時間なんですよ。




ラン終わった時点で18時間くらいだったし、
スイムも50mのインターバルで心拍上がらなかったから1時間も増えませんでしたからね。


でもバリバリ動けるか?ってーと全くそんな気しません。
実際駅の階段上がるだけで、息が上がりました(笑)



やっぱり疲労は短時間ではなく短「期間」で見ないとですね。
トレーニングピークスのTSBか参考になります。


見てみたら、今季一番のマイナス値でした(笑)




マイナス36。
200TSSの翌日だからまあ、しょうがないね(笑)

だいたいマイナス5からマイナス20くらいを維持してるのがいい感じですね。
低くなつてきたらちょうどレスト週が来て回復する感じです。

マイナスになってない時はやっぱり体力の向上もない。
たまにチェックして計画修正してますよ。



今日は真面目に休みます(笑)

ではでは~。


にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

No title
ご無沙汰しております。ひこです。
これってランニングだけでも便利に使えますでしょうか?
興味津々です!
Re: No title
◆ひこさん
わーお、お久しぶりです!

ランニングだけでも使えると思いますけど、
ランニングだけだとちょっと有料版は高く感じるかも(^^;
CTLやTSBの計算するには有料版しか対応してなくて、
年額13800円だったかな?20%オフクーポンがググれば落ちてるんで月1000円は切るんですが
トライアスロンで3種目ガッツリ年間計画立てて、って使い方じゃないとちょっと高いですよね~。

同じようなトレーニング管理ツールでTSB計算できるのは
Stravaがあるけどこれも有料版の対応だったと思います。
ゴールデンチーターってのが無料ですが、基本的にバイク用でランの計算には対応してないかも~。

ただ、レースに向けてトレーニングをしている人なら、
体調管理とピーキングにめちゃくちゃ使えるツールだと思います。
1週間くらい無料期間があったと思うので試してみては(^^)
No title
早速のお返事ありがとうございます!
なるほど、ランニングにも使えるのですね。しかし、ちと高いのは書かれている通りですねえ~
stravaは普段から使っているので、そんなに高くないので課金してみるかと思ったのですが、色々検索すると、この辺りのデータのstravaの評判良がくないです。

さらに調べると、こんなページを見つけました。
http://blog.livedoor.jp/yappikatyuu/archives/51454744.html
とりあえず、自分で負荷を入力すれば計算してくれるようなので、これでやってみようと思います!

試してみたくて、走るモチベーションがむくむくと。面白いデータの見方を教えて頂いて、ありがとうございます m(_ _)m
Re: No title
◆ひこさん
TSSの計算は手作業でできますよ(^^)

ランTSSは、
・LTペースで60分走れば100TSS×1.2=120TSS、くらいです。
・走った平均ペースがLTペースの何割かを算出し(IF)
 IFの2乗に、時間(60分=100で計算)をかけて、1.2倍すればOK。

LTがキロ5分、6分ペースで30分走ったら
5÷6=083(IF)、0.83*0.83=0.69、0.69*50=34、34*1.2=41(TSS)
という感じです。

TSSからCLTやTSBを計算するのも対応できる無料Excelファイルがあるんじゃないかな~?
そおういうのを使ってる人がいるのは知ってるけど、私は見たことないのです。

管理者のみに表示