FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

レースと同じような道を走らないと気づかないことがある

昨日の和歌山ライドの振り返りです。

まず装備。
レースと同じくスペアタイヤや工具を入れたサドルバッグを装着。
ちなみに堺浜に行くときは付けてません(笑)
パンクしたって最悪押して帰った方が早い距離なんで。

20180505075817713.jpg


ボトルは2本。
水分・電解質・BCAA用のエアロバーボトルと
エネルギー用のボトル。
後ろのケージは空けてあります。レースではここにエイドで取ったボトルを挿す。

基本は、エイドで水取る⇒身体にかけまくる⇒すぐボトルキャッチャーに捨てる、なのですが
たまに間に合わないことあるし、めちゃくちゃ暑い日は2回に分けてかけたいし
ケージ一個空けておかないと物凄く困りますよw
最悪ジャージのポケットでも入るけど、トライスーツのポケットは小さいしね~。


エネルギーボトルには、1時間当たり30gの粉飴。昨日は200g入れていきました。
1時間ごとにメモリ書いてあるから、走行時間チェックして管理して飲んでます。
去年は経口補水液パウダーと粉飴だったけど、
昨日は試しにBCAAと粉飴にしてみた。XTENDのレモンライム味。
かなり甘くて後半飽きて辛かったなw もうちょい薄めにしよう。


まず35kmほど平地を走って(堺⇒りんくうタウン)そこから和歌山に向かうんだけど
まあなかなかの向かい風だったよねwww

20180505075949703.jpg


一番交通量の少ない道を選んでるんだけど、
それでも一般公道なのでエアロポジションはそんなに取れない。
信号もそこそこあるので、最初の35kmに2時間近くかかってしまいました(笑)

ここで気づいたのは、「もう脚が120wを覚えてる」ってこと。
120wってのがだいたい私のトラロングのレース強度なんだけど(FTP比68%くらい)
これで走れば180km走ってその後フルマラソン走れるのは分かってるんで
ここを守る(ペーシング)ってことをバイクパートで最優先します。

一応アベレージも表示してて五島180km「WoAv. 26.5km/h」を目安にしてはいるけど
無理して飛ばしてランで5分歩いたらトータルタイムは伸びるわけで
バイクは抑えて走った方が結果的に速い。
一昨年と去年でバイクのタイムって1分しか変わらないんだけど
ランで40分短縮したのはバイク力が上がってそのタイムの余裕度が上がったからってのもあって
でも余裕があってもバイクタイムを短縮しようとしなかったのが良かったんだと思うんですよね。

なので今年も同じプランでいきます。
6時間40分で走れたらいいなとは思うけど(Av.27km/h、前後トランジション入れて6時間55分)
その5分を作るために無理したら絶対ランで5分以上伸びるんでw

で、その適したパワーの120wをもう脚がだいたい覚えてて、
サイコン見なくてもそこに合わせるように変速できるようになったなーって気づいて面白かったです。



ああ、35kmでもうこんなに書いてしまったwww
長くなるぞこれはwww




平地が長い時は意識して5分おきくらいにダンシングして腰を伸ばす、です。
昨日はDHポジションではなかったのでそんなにやりませんでした。


長い4~5%の登り。和歌山に入ります。
さっさとインナーローにして、体を起こしてエアロバーのパッド持ってふんふん鼻歌登り(笑)
時速一桁になったりするけどキニシナイ(笑)
でもそれでも170wとかになっちゃうのです。登りも140wくらいで走りたいけどできなかった。
私の今の体重だと無理なのかもしれないなぁ。
でも体重があることの利点もあるし(脚降ろしただけでパワー出る)難しいな。

五島は180km1800mUPと言えどもほとんどがアップダウンなので、
体重があると加速してから上がっていけるのでそんなに軽くなくてもいいと思うんですよ。
クライムが多いコースだと別なんでしょうけど。



スタートからちょうど50kmで和歌山岩出インターの広域農道入り口につきました。
ローソン寄って一旦休憩。何買うでもなくインスタに投稿しただけですがww



ここから片道32kmの広域農道を往復です。
とにかくアップダウンの連続で五島のバイクコースによく似ているし、
信号も交通量も少なく五島向けの練習コースとしては最高です。

20180505080117867.jpg


五島のコースよりコース難易度は高い(クライムもしっかりある)ので
ここを走っていれば五島のコースが楽に感じられるという利点もありますwww


ここを走って気づいたのは、
・上り返しも頑張って上ってしまわず早々にシフトダウンしながら脚の負担を減らすべし
・そのためにはエアロスイッチは必須アイテムwww
・エアロスイッチのシフトボタンの角度がちょっと押しにくいから調整しよう

・シンクロシフトがセミシンクロモードになってるぞ??
 この前ジャンクションAを交換したときにボタン押しちゃったかな???
 ジャンクションAのボタン3回チョンチョンチョンって押すとフルシンクロモードに変わるのを覚えてたので
 これは乗りながら対処できました。レース前チェック項目に追加。

・細かい段差でエアロボトルの台座のボルトが緩む!しっかり締めてくること!
・路面が荒いと振動でエアロボトルの台座がエアロバーから浮いてくる。
 マジックテープだけじゃなく結束バンドでしっかり固定すること

・下りで路面が荒れているとエアロボトルがケージから飛び出してくる。対策すべし。
・エアロバーボトルの位置が身体より過ぎてダンシングすると当たってしまう。
 位置を調整できないか考えること

・途中で右のパワーメーターの電池が切れましたww
 すぐさまセンサー切って左のコピーモードにして走りましたが
 左の方が弱いのでちょっと低めに出てたかも。
 レース前にパワーメーターも心拍計も全部電池入れ替えておくこと。
・安物の電池はすぐ切れますwww

・上りの度に肘受けを握っていたらこれも緩んできて角度が変わったりした。
 (危ないので途中止まって締めなおしました)
 しっかり締めておくべし!!!

・サプリ入れをどこにどうつけるか?
 サプリだけならエアロボトル台座あたりに養生テープで貼っておけばいいかな~?



と、ほとんどが「整備不良」によるトラブルでした(反省)



でも、決して適当にやってるわけじゃないんですよ。
ちゃんとそれぞれしっかり取り付けてる。
それでもアップダウンを走らないとボトルが飛び出してくるとか分かんないし
荒い路面を走らないと振動で緩むとか分かんない。
だから、レース前に同じような道を走っておくことが重要なんだな~って思いました。

あ、五島は路面全然荒くないですけどね(^^)



ってことで、今日時間取ってざっと洗車してから全体締めなおしますです。
まあハンドル周りは輸送時に外しちゃうから重要なのは宿での組みなおしの時なんだけどね。
チェックリストでも作って、チェック漏れがないようにしておきます。

DHバーが緩くて体重かけたら前に倒れる、とか最悪だからね!!!



ちなみに昨日のTSSはバイク360、ラン40で400でした(^^;
今日のTSB-28でさっそく呼吸器の状態が悪いです。
1日で400TSSを超えるようなトレーニングはリスクがある、ってこともよく分かりました。

ロング練習いっぱいやってる方、免疫力低下にご注意。


今日はノートレにして身体を休ませます。
あ~もう2週間泳げてないのでスイムだけはいきたいかも・・・。




ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます。

昨日起きた(起きかけた)トラブル、いずれもレース中に起きたら停車して対処しないといけないレベルのもの。
それだけで5分10分タイムが伸びてしまうので、こうして未然に潰しておくのはとっても重要です。
みなさまも機材の最終チェック、お忘れなく、です。

増し締めやっとこ!ショップに調整持って行こ!と気づきになったよって方は
ポチっとして帰って頂けるとトラブった甲斐があったってもんで(//▽//)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : バイク

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する