FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

スミスマシンのBIG3では足りない

7月1日に入会したジムでBIG3やったけど、スミスマシンがどうにも気持ち悪い。


シャフトの重量は9㎏程度のようなので、
ベンチプレス40㎏と思っていたのは30㎏しかなかったのか(笑)

もう10㎏増やそう。

ベンチプレスはフリーよりスミスマシンの方がやりやすい。
スタートポジションさえ間違えていなければ確実に肘の上にバーが保たれるし
バーを掛けられるフックがたくさんあるから、もう一レップは無理かなと思っても挑戦できてしまう。

ただし、私がベンチプレスをする目的である脊柱起立筋についてはスミスマシンでは鍛えにくい。
やはりフリーウエイトでないとダメだ。
ここは何かで補完しないといけない。
んー、ヒップスラストかな。
EZバーでやろう。



スクワットはメリットデメリット両方あるな。
軌道が決まっているから、つま先重心になる癖が出にくい。
どっしり脚全体に効いている感じがある。
でも、フォームを保つための筋肉が使われないから腹筋とかには効かない。
トライアスリート的にはマイナスの方が多いかな。



まあ、どうせ私はスクワットについては重量を上げていく気はなく、
30キロや40キロでフルスクワットができていればいいので、
スミスでやる必要が無い。





デッドリフトはスミスマシンでやると違和感バリバリである。

まず初動のふわっとした感覚が凄く嫌だ。
初動で股関節伸展に爆発的な力をかけてLiftしてこそDEADLIFTではないのかw

そして真上に固定された軌道。
重心が前にいってしまい、爪先重心のデッドになってしまう。
そんなもん尻にきかん、尻に。
なんのためにデッドをやっていると思っているんだ!尻だ!プリケツだ!

フィニッシュも気持ち悪い。
お尻を締めて腰を前に突き出す姿勢が取りにくい。
どうにもNG姿勢(腰椎後湾)に近づいてしまう。


結果、ハムにも臀筋にも効かず、腰だけ痛くなってしまう。
ダメだ、全くメリットがない、、、。


おそらくスミスマシン向けのデッドリフトのやり方というのがあるのだろう。
ちょっと調べてみよう。


まあEZバーはあるので、
たとえば10㎏プレート3枚+5㎏プレートで80㎏は作れるのだけど(EZバーの耐荷重は100㎏らしい)
ストレートで握れない&握り幅を調節できない、のは重くなればなるほど厳しいな。

ストレートのシャフト1本用意してくれたらいいだけどの話なんだが。
ダメ元でジムに申請してみよっと。




求める設備は揃っていないが、この近さと営業時間(24時まで)は魅力。
ダンベルも25キロまであるし、補完しながらやっていこう。

関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : 筋トレ

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する