FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

トライアスロン競技規則を読み解く(4)

4回目です。4章は少ないのでさらっと。
青字が競技規則、黒字が私の記述。2006年から2017年の修正はなし。

第4章 大会

(競技部門の設定)
第21条 大会規程により、年齢に応じた競技部門を男女平等に設けるものとする。

男女平等に。
女子が少ないからといって女子だけ10歳刻みにするというようなことはしないわけですね。

ん?サンライズイワタA、女子は年齢区分なかった気がする・・・(順位は総合のみ)
まあ男女比率9:1にもならない競技で、何をもって男女平等と言うのかも難しいよね(^^;



2 選手権大会の部門は、男女別のエリート部門と男女別年代別のエイジグループ別選手権部門とする。

これは「選手権大会」と付く大会全てをさすの?「日本トライアスロン選手権大会」をさすの??この定義がどこにも書いていない。そもそも「選手権大会」とは何?「選手権大会」とは「最高位を決める大会」であるから、順位を決めるあらゆるトライアスロン大会は選手権大会ではないの?わからぬ・・・。

★「選手権大会」について調べてみる(トライアスロンに限らない)
・選手権大会は一定の期間有効なチャンピオンを決める大会です。大会は競技選手が集まって試合をするだけのもの。
・選手権大会とは、その分野(スポーツ)でいちばん優れている選手を選ぶ大会のこと。
・「選手権大会」は「選手(選ばれた人)」のみが参加できる、その分野の一位を決める大会で、「大会」はその分野を行っている人が参加できる、競技会(記録会)のようなもの。

ふーむ、つまり、その冠で一番を決める大会が「選手権大会」なのかな。
日本で一番なら「日本選手権大会」、世界で一番なら「世界選手権大会」。
JTUの管轄は「日本トライアスロン選手権大会」、ITUは「世界トライアスロン選手権大会」、アイアンマンは「IRONMAN World Championship(アイアンマン世界選手権大会)」。

ちなみに甲子園は夏が「全国高等学校野球選手権大会」で春は「選抜高等学校野球大会」。春は選手権大会ではないのです。でも春も一番を決めてるやんな(悩)

まあ、これは「JTU競技規則」であるので、ここに書いている選手権大会とは「日本トライアスロン選手権大会」を指すと思っていていいのかな。


ついでに「日本トライアスロン選手権大会」について調べておく。

日本トライアスロン選手権大会のホームページ
http://www.jtu.or.jp/national_championships/index.html

Wikiより)
日本トライアスロン選手権は、日本トライアスロン連合(JTU)、中日新聞東京本社(東京新聞・東京中日スポーツ)が主催するトライアスロンの国内大会である。
・男女各65名以内
・出場基準
(1) NTTジャパンランキング1位から35位(男女各35名)。
(2)地域ブロック代表 男女各25名
(3)指定大会からの選出及び、地域ブロックからの特別推薦(男女各5名以内)

今年は2018年10月14日(日)開催。
ここに向けて、全国から出場権を得た選手が集まってくるわけですね。NHK-BSで放送もされるそうです。


後日追記)
トライアスロンエイジランキングのページに「日本エイジグループ選手権(2018/宮崎)」って表記を発見!
宮崎はエイジグループ選手権だそうです。あああ~難しい~どこかに体系立ててまとまってないのかな??



3 前項のエイジグループ選手権部門は大会が開催される年の12月31日現在の年齢を基準とし、5歳ごとに区分する。

選手権大会においては、エイジ区分は大会日ではなく開催年の12月31日の年齢が基準ですよってことね。これは一般的な大会とは違うから覚えておかないといけませんね。ってまあここに関わる方はごく少数でしょうけど・・・。


4 選手権大会以外の大会であっても、前3項の規定に準じ、エリート部門とエイジグループ部門を設けることが望ましい。

JTU公式大会では、か?いや、公式大会じゃなくても「JTU競技規則を基準とした大会は」か。でも実際エリート部門が行われている大会ってそう多くはないですよね。JTUサイトで見てみると、3月宮崎、5月横浜、6月大阪、6月蒲郡U23、6月五島(ミドル)、7月みやじま、7月仙台U23・U19、7月高松、7月長良川U15、8月京都、9月佐渡(ロング)、9月村上、10月日本選手権、11月宮崎。
14大会。

あれ?この項は「前3項の規定に準じ」がメイン?「エイジ区分は大会日ではなく開催年の12月31日の年齢を基準にするのが望ましい」ということを言っているのだろうか??
これ、分からないな。(要確認)



5 前項のエイジグループ部門は、参加者の人数に応じて区分を統合することができる。

10歳刻みにしたり、40歳以上の部、みたいに大きく分けたりもできるってことね。「前項の」は「選手権大会以外の大会」を指すかな。
過去出た大会で年齢区分なしってのもたくさんあったな。



6ジュニア部門の区分は男女別に次の表のとおりとする。
ジュニア(小学生低学年部門) 大会当日において小学校1年生から3年生の者
ジュニア(小学生高学年部門) 大会当日において小学校4年生から6年生の者
ジュニア(中学生部門) 大会当日において中学生の者
ジュニア(高校生部門) 大会当日において高等学校、高等学校に準ずる学校又は高等専門学校の第1学年から第3学年に在籍し、かつ、大会が開催される年度(毎年4月1日に始まり3月31日に終わるものとする。)において満16歳から満18歳となる者
ITUジュニア部門 大会が開催される年の12月31日現在の年齢が、満16歳以上満19歳以下(中学生を除く。)の者
7アンダー23部門(U23部門)は、大会が開催される年の12月31日現在の年齢が18歳以上23歳以下の者によるものとする。


同じジュニアでもITUジュニアは大会当日ではなく開催年の12月31日現在の年齢が基準。
U23も同様。



(表彰)
第22条 表彰及び賞品の授与は男女平等に行わなければならない。

ローカル大会で若いエイジとかだと女子は完走したら入賞ってのも珍しくないので、同じ賞品もらっていいのかしらって思うんだけど、母数少ないから賞品変えますってのはいけないのね。
これはトライアスロンに限らず自転車の世界でもそうね~。過去「いいのかしら・・・」って思いながら豪華賞品たくさん頂きました(^^)



2 エリート部門及びエイジグループ部門それぞれの区分ごとに上位3名にメダル、トロフィー又は盾を与え栄誉を称えるものとする。ただし小学生及び中学生の部門ついては学年ごと、高校生の部門については大会が開催される年度に迎える満年齢ごとに表彰するものとする。
3 団体競技は上位3チームを表彰するものとする。

上位3名・3チームって決まってるんだね。
え、エイジ上位1名のみって大会もあるよね?というか総合のみでエイジ表彰なしもあったような?
あくまでもJTU競技規則では、ね。各大会のローカルルールで変えられる。



4 トライアスロンの発展に関し特に顕著な貢献が認められた選手には特別表彰を行うものとする。


突然だな(笑)
「トライアスロンの発展に関し特に顕著な貢献」は大会ごととは考えにくいので、過去の実績を鑑みてそれに相当する選手が出場している大会では表彰することがあるよ?ってこと??

これ、なんでわざわざ書いてあるんだろう・・・(謎)



あ~~第4章は分からないことが多い!!
選手としては分からないままでもまず問題ない(エリート選手じゃなければ)だろうし、エリート大会の審判をするようにならないと関係ないことなんだろうけど、調べても出てこないし分からないままなのはとても気持ち悪い。
1種のお友達に確認しておこうっと。

関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : 審判

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する