FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

初めてのマスターズ水泳大会(ハルさんの凄さについて)

マスターズ水泳大会ネタ、最後です。
とっても長いけど、よかったら最後まで読んでください。


まず、帯同計測の話。

今回、出場選手には、運営側の仕事が義務付けられていました。
別の選手のタイムを計測するという業務です。
これを拒否したり、実施しなかった場合、
自分のタイムが公式記録に残らない。つまり義務。

これは、上手い!と思いました!
選手でありながら、必ず運営側の視点も持てるのです。

この仕組みをトライアスロンに導入できないものか、、、。
さすがに同日の大会は厳しいから、
その年度で必ず1回はボランティア参加を義務付ける、が現実的なとこか。


まあ、それはまた考えるとして(笑)

その計測のお仕事についても書いておきます。
とても楽しかったです(*^^*)


やることは、指定されたレーンで、
ターンのタイミングでストップウォッチを押すことです。
壁に設置されている感知板が上手く働かなかった時用の
サブになるようです。

それと、100mごとのスプリットタイムの記録と、

500m、1000mのタイミングで選手に叫んで知らせてあげること。

500、1000のコールは公式審判もやりますが、
審判は2レーン分を担当しているので同時に来た時などは対応できないこともあります。

審判は、ターンでちゃんと壁に着いてるかのチェックをしてました。
今回は自由形だったのでどこかが触れてればいいのでしょうが、
平泳ぎやバタフライは両手触れてないといけないんですよね?
そのチェックなんだろな。

ちゃんと競技規則を読んでませんので
間違ってたらすみません、、、(出るなら読みなさい😠)



いやあ、緊張しました( ̄▽ ̄;)
ドンピシャのタイミングで押せたかなぁ?( ̄▽ ̄;)

私の担当した選手は凄く凄く安定してイーブンペースの方!
最初と最後だけ3秒速かったですが、あと全部1:30プラスマイナス1秒。
美しかったわ~(≧▽≦)


自分が泳いだ時に500、1000の声掛けと、
泳ぎ終わったあとの「お疲れ様!」の声掛けがとても嬉しかったので、
私も一生懸命聞こえるように叫んだし、
フィニッシュ直後と、上がってこられた時も声をかけにいきました。
「素晴らしいイーブンペース、お見事でした!」って。

いいもの見せてもらったわー。


そして、運営側に、たーーーーっくさんの審判さんがいることも分かりました。

この計測の説明、15回くらいやってると思うんですが、
説明動画とか使うの1部だけで、ほとんど担当の審判さんが
毎回毎回熱心に、ネタも混じえ、皆さんのテンションも上げながら、
しっかり説明してくださるの。
15回よ?絶対飽きるよ?普通動画作って流すよ。
でもそうしない。聞く方は1回だもの。
素晴らしいと思いました。


計測のお仕事終わってスタンドに戻ろうとしたら、
ハルさんが招集場所にいました。
さあ、次はハルさんの番です。



ハルさんの泳ぎ、スタートからフィニッシュまで、ビデオを撮影したので、
一瞬たりとも目を離さず18分間見続けましたよ!


コールの礼が90度。周りの誰よりも深かったです。




「YouTubeに上げてるのと一緒だなって思うよ(笑)」

ってハルさんは言ってたけど、
リアルタイムで見たら、伝わってくる気迫はぜんっぜん違った。

これが、ギリギリのとこで泳ぐってことなんだ、って思ったよ。

一瞬一瞬を見たら、荒々しく見えるところもいっぱいあった。
水しぶきも上がって、苦しい表情もしっかり見えた。
ターンも、毎回美しいってわけじゃなかった。

でもそれは、ギリギリのところで泳いでるから。
あたしみたいに、85%とかじゃない、100や105のところで泳いでるんだ、って
ゾクゾクしました。

トライアスロンの時の2キックの泳ぎなんかじゃ全然ない。
足、ずっと止まんない。
ラスト100はもちろんさらに速く激しく。

普段の練習から追い込んでるから、
苦しいところをギリギリ耐えられるところがわかる。
あと1分だけならさらに上げられると分かる。


練習に裏付けられた、自信。
これが、トップクラスのアスリートなんだ、ってのを
目の前で見せつけられました。



事前に目標タイムは聞いてなくて、
フィニッシュタイムがハルさんにとってどうだったのかは帰ってくるまで分かんなかったけど、
上がってプールに一礼した時の表情に安堵が見えたから
きっと良かったんだろうなって思った。





帰ってきたと同時に、「7秒こうしーん!」って
子供みたいに喜ぶハルさんはとっても可愛かったな(笑)

さっきまでの気迫はどこへ?ってくらいの別人さ(笑)




いやあーーーーーーー、

あのね、ハルさんファンの皆さんきっと分かってると思うけど、
ハルさんは本当に凄い人だよ。

是非、近隣でレースで来ていたら、観戦に行くべきです。
その気迫を、目の前で是非見て欲しい。
とてもとても刺激になるから。

タイムだけ見て、すごい人、雲の上の人、手の届かない人、ってそう思っちゃうでしょ?
あたしももちろんそう思ってたよ。
でも、タイムじゃなく、姿勢なのよ。
姿勢は、真似できるんだよ。
しようとしてないだけ。


今回、その姿を間近で見られて、
レース前後の移動の時に練習やレースの考え方を聞けたこの一日は、
あたしにとって、とてもとても大きなターニングポイントとなりました。

この人みたいになりたい、って素直に思ったもんな。
そう思ったことを、頭に刻んでおこう、とも。



ハルさん、宮崎でも、気迫のレースを!
応援してます!!!!





最後に、大会のコンディションについて思ったことを。

今回、「こんな素晴らしい環境で泳いだことは無い!」と思えるほど素晴らしい環境でした。

ロングに最適な水温(28度)、波がすぐ消えるコースロープ、
最高の緊張感が味わえる空間。

レース前に2日レストして疲労を抜いていたのもあるけど、
なにより水温が最適だったから最後までイーブンで苦しまずに泳げたんだと思うんだよね。

また、こんな環境で泳いでみたいなあ。

ほんと、ご褒美みたいな場所でした。



で、レース環境について思ったこと。
私はこれまでコンディションについてはとても狭いレンジでしか適応練習をしていないのね。
こういう好ましい環境だと結果は出せるけど、
そうでないときの崩れ方が大きいのです。

トライアスロンは自然の中でやるスポーツ。
時にご褒美どころか罰みたいなコンディションのレースもある。

明らかに自分にとって罰確率が高い大会を避けるのはこれまで通りだけど
今年の五島みたいな失敗を減らすためには、
やらないといけないことがあるんじゃない?ってことを、
考えながら、帰ってきたのでした。

暑さ対策、ラフウォーター対策、ね。




とまあ、appendな内容でありながら、
今回で1番ながーくなった記事なのでした(笑)


ハルさんはスゲー!ってことを再度強調して、
今回のマスターズ水泳大会デビューに関する記事を終わります。

これを読んで、興味を持つ人がいたら嬉しいな!

読んで下さってありがとうございました(*^^*)
関連記事

* Category : 大会・イベント

* Comment : (2)

お二人とも凄い! * by ハマちゃん
せんご、お疲れ様でした。そして、レポート、ありがとうございます。僕がトライアスロンをやる決心のきっかけとなった2人の師匠(勝手にそう思ってる(^^))が僕のベースであるマスターズスイムレースで結果を出される姿を見て、改めて大きな刺激を受けました。
るみさんの凄さもさることながら、同じスイマーとして、しかも現役時代に1500を泳いでいた者として、今のハルさんの凄さは驚きでしかありません。いつか一緒にスタートラインに立てる日を目標にもう少し努力します。
まずは水曜マスターズの参加回数増やすとこからかな(笑)

Re: お二人とも凄い! * by るみ
ハマちゃん

ハルさんとハマちゃんの話したよー。
出張で声かけた子、一緒のマスターズ出てるんですーって。
いつか3人で会えるといいね!!

五島に申し込めば会えるよ(笑)

水曜マスターズ、今週はスプリントみたい。
残業でなければ是非!
あ!フィン買ったから、使い方教えて!(笑)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

お二人とも凄い!
せんご、お疲れ様でした。そして、レポート、ありがとうございます。僕がトライアスロンをやる決心のきっかけとなった2人の師匠(勝手にそう思ってる(^^))が僕のベースであるマスターズスイムレースで結果を出される姿を見て、改めて大きな刺激を受けました。
るみさんの凄さもさることながら、同じスイマーとして、しかも現役時代に1500を泳いでいた者として、今のハルさんの凄さは驚きでしかありません。いつか一緒にスタートラインに立てる日を目標にもう少し努力します。
まずは水曜マスターズの参加回数増やすとこからかな(笑)
2018-10-29 * ハマちゃん [ 編集 ]

Re: お二人とも凄い!
ハマちゃん

ハルさんとハマちゃんの話したよー。
出張で声かけた子、一緒のマスターズ出てるんですーって。
いつか3人で会えるといいね!!

五島に申し込めば会えるよ(笑)

水曜マスターズ、今週はスプリントみたい。
残業でなければ是非!
あ!フィン買ったから、使い方教えて!(笑)
2018-10-29 * るみ [ 編集 ]