FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

脚が動く腕の振り方がわかった!

今日は大阪マラソンです!


去年は当選したものの練習しすぎ休まなすぎで故障しかけて
本格的な故障を回避するために、DNS。
丸一日応援を楽しみました⸜( ˆ࿀ˆ )⸝⚑⚐


今年も朝から応援に行く予定だったのですが
講習会が重なり出社です( ´・ω・` )

会社から応援してますo(*・ロ・*)oガンバレー!!



5:30起きでバイク50分ラン40分。

バイクは週4回のうちの唯一楽なメニュー、フリーライド。
フリーなんで楽にしなくてもいいんだけど(笑)



120-130くらいで足の重さのみで。
上げ下げもせず一定でした。

五島はこうはならない(アップダウン多い)ので
エンデュランスの日ももっと上げ下げメニューを入れないとそもそも乗ってる意味がないかもしれん。

楽だから一定パワーで乗る、はアカンな。
なんのためにやってるの?だ。
来週は100-140で上げ下げしよう。



ブリックラン40分。イージーラン。

イージーだったけどマラソンペース(笑)
いやほんとすごくイージーに感じたんだけど。




昨日のヘビーなロングメニュー、
今日もエンデュランスとは言え50分乗って即、
脚には相当疲労か残ってる。階段上がるの嫌なくらい。

でも走るのに全く影響がなかった。
とっても楽に鼻歌で走れた。


なぜか。


肩甲骨意識で走ったから、だと思う。
ほんとうに肩甲骨意識で走ると、バイクで使った筋肉は無視して走れる、と思う。
トライアスリートがするべき意識第1位じゃないだろうか(笑)


今日は、どう振ったら最も脚が動くかを研究してみた。

前回は「若干脇を開けて肩甲骨を内転させるのがいいのでは」と書いたけど、
これ、間違いだな。
内転させても股関節は連動しないわ。肩甲骨は動きやすくなるけど。
肩をローリングさせるのは、効率が悪い振り方だと思った。

でも、だらんと落として振っても肩甲骨が動かんなぁ、
肩関節だけで振ってるから股関節が連動してないなあ、
と思って、振り幅を変えてみる。

胸が張れていない(肩甲骨が外転寄り)と、いくら振り幅を大きくしても肩甲骨は動かない。
でも、胸を張って、肩甲骨を内転寄りにしておくと、
肘がある地点より上に上がったら肩甲骨が剥がれた感覚があった。
下の方が浮く感じ。

この動きで、脚が動きました(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ★


そっかそっか、腕の振りで内転させるのではなく、
内転は作っておくのだ。
そうして初めて股関節と連動する動きが作れるんだ。


もしかしたら普段から姿勢が良くて、肩甲骨の位置をニュートラルにできているひとは意識しなくていいのかも。
私は見事に猫背(普段が外転)なので、
ニュートラルにするために内転を意識しないといけないのだ。



すんげー発見をできた気がする40分間でしたっ!!


走る時の意識もだけど、
なにより無意識姿勢がニュートラルになるように日々を過ごすことが大事だ!!!


肩甲骨の状態を意識して仕事してきます~!

肩甲骨グリグリっ!!のポチお願いしますっ(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

みんな、頑張れー!!!
関連記事

* Category : 練習日記

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する