FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

「ロジカルシンキング練習帳」ブックレビュー

先週末読んだ本、その2です。


ロジカルシンキング練習帳



論理思考の入門書として定番であるこの本を



具体的なワークで演習できる、という本です。



いい。いいです!
使えます!


こういう思考のワーク本って、具体例が高度な事が多いんです。
営業戦略の立て方、とか、新規事業の企画、とか。

そういう立場にある人や、そこを目指す人が読むならいいんですけど、
そうでもなきゃ雲の上すぎて想像できんやん?(笑)

でも、
「問題を体系的に整理する」とか、
「グループ分けして課題を明確にする」
なんて、
多くの職業で活用出来るスキルですよねー。


この本は、
総務部からの通達メール、とか、
上司への報告メール、とか、
新入社員でもありそうなシチュエーションが例に使われています。

なので、イメージしやすいです。


本は読んだだけでなく自分の課題に適用されて初めて価値になりますが、
それをしやすいテーマや構成になっていると思います。



メールや文書を作成する時にまず考えるべきは、
何をどう書くか、ではなく、
「これは誰に何をしてもらうための文章なのか」ということ。

3つのどれかです。
・理解して欲しい
・判断して欲しい
・行動してほしい

まず、それがテーマ。メールならタイトル。


次に、結論です。

内容も、書きたいことの思考の流れで書けば理解しやすいだろうと
順序立てて書く方法もありますが、
それでは全てを読み進めなければ結論が分かりません。

結論は頭。

それから、理解してほしい内容や
判断してもらうための情報(結論の理由)、
して欲しい行動を整理して書く。


そのための、整理の仕方、グルーピングの仕方、等が、
実例で考えながらできるようになってます。

MECEやso what?、why so?なんてことを知らなくても理解してなくても、
深堀りしたり気づけたり整理出来たりできちゃう。


すげーな、こんな本1500円で売っていいのか(笑)

グロービスでいくらの講座に化けるんだ(笑)


今日お客様にこの本の話をしたら、
「若手社員に読ませたい本」と仰って
さっそく渡してらっしゃいました。


とにかく例題が多いので、これ一冊やり切る頃には基本的な考え方は習得できる気がします。

なんとなーく「ロジカルシンキング」わかった気になってる方にオススメ(≧∇≦)

私も「あ、そういうことかwww」って発見がありました(笑)

わかった気になってたわwww



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




関連記事

* Category : 読書記録

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する