FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

初めに成果物を意識して作業をする

Kindleunlimitedで借りたり、
本買ったりして、
ココ最近読んだ本に共通して書いてあったことが、


「初めに成果物を意識して作業を始める」

ってこと。


何かの目的のための資料を作る時、
完成系をまずイメージして、
それが提出先にとって価値あるものか、求めているものと合致してるか、
確認してから情報収集や検証やモノカキを始めないと、

無駄に時間を使ったり、
作ったわいいけど大ハズレだったり、
自己満足で終わったり、

しますよねー。


何を当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、
これ普段やりまくってるなぁと思います(笑)


上司から何か書類の作成を頼まれた時、
過去の似たようなものがないかを探してきて、それをベースに作ったりすると思いますけど
それが上司のイメージと合ってるか意識してやってるでしょうか。
上司の目的が何でどの形であればそれが達成できるのか、
確認して作成に入ってるでしょうか。

どこかに差別化がないとただの便利なコピー機になってしまうのですが
上司の目的を達成するために、その書類は過去のものや他のものと比べて何か差別化を出せるでしょうか。


何が価値ある成果物で、
それを作り上げるためにどんな情報が必要で、
それを集めるためにはどういう作業をしないといけないか、

ということを頭に置いて作業し始めないと、

いいものみっけたから、これも盛り込んじゃおーみたいに
無駄な時間を使ったり、
自己満足の成果物が出来上がったりしますよね。


うんうん、あるあるwww


分かってるんですよ。
分かってるのに、
目の前の作業ができそうだからやり始めちゃう。
作業をしてると没頭するから、それが方向性違うかもなんてことを想像もしない。

中身作りあげる前に大枠作って認識合ってるか確認しにいくべきじゃない?
だいたいその作業って本当に自分がやることか?


昨日も「はっ!」っと気付いて作業をやめたことがありました。
これ、先に選択肢を提示して方向性決めてもらわんと全部無駄な作業になるわ、と。
そもそも作業自体私がやるんじゃなくて指示することやわ、って。


分かっててもやってしまう。
気をつけないとな。

いつも目に入れるメモに書き入れとこ。


これ、こういう事が山ほど具体的に書いてあって良かったです。
5回くらい読みたい本。



しかもkindleunlimitedで読み放題対象\(^o^)/




読書(により得られる知見)で生産性が上がり
仕事の時間は減らせる、ということを
最近物凄く実感しておるのでござる。

読書は良い。
しみじみ。


あ!まず作業やってた!と気づいた方は
ポチっとしてってください(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

関連記事

* Category : 仕事術・集中術

* Comment : (2)

No Subject * by Derika
あまりにあるあるなので、久しぶりにコメントします。

何かをやる前に、成功体験をイメージ(私の場合はプロセスを書き出します)するは最重要なことと思います。
特にゴールが遠い場合は更に大切と思います。
私は、50歳を過ぎてやっと気づきましたが、オカンさんは凄いなーといつも思います。
いや~すごすぎ。

Re: 初めに成果物を意識して作業をする * by るみ
Derikaさん

すべては本のおかげですね〜。
10年前もこういう大事なことを書いてる本はたくさんあったんですけど、
敷居が高かったように思うのです。
自分が手に取る対象だと思っていなかったし
手にとっても自分がイメージできる例が書いてありませんでした。

でも今は違う。
自分より若い世代が、こういう大事なことを肌で感じとり、
誰にでも分かりやすい言葉や例や比喩で伝えてくれている。

求めれば、すぐに解やノウハウに安価にたどり着ける。
いい時代ですね(o^^o)

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
あまりにあるあるなので、久しぶりにコメントします。

何かをやる前に、成功体験をイメージ(私の場合はプロセスを書き出します)するは最重要なことと思います。
特にゴールが遠い場合は更に大切と思います。
私は、50歳を過ぎてやっと気づきましたが、オカンさんは凄いなーといつも思います。
いや~すごすぎ。
2019-01-12 * Derika [ 編集 ]

Re: 初めに成果物を意識して作業をする
Derikaさん

すべては本のおかげですね〜。
10年前もこういう大事なことを書いてる本はたくさんあったんですけど、
敷居が高かったように思うのです。
自分が手に取る対象だと思っていなかったし
手にとっても自分がイメージできる例が書いてありませんでした。

でも今は違う。
自分より若い世代が、こういう大事なことを肌で感じとり、
誰にでも分かりやすい言葉や例や比喩で伝えてくれている。

求めれば、すぐに解やノウハウに安価にたどり着ける。
いい時代ですね(o^^o)
2019-01-12 * るみ [ 編集 ]