FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

「残酷すぎる成功法則」満足度の高い本だった!!

読み切った!!!(笑)




それが、最初の感想(笑)
それくらいボリュームがある本です。
445ページある。




挿絵や図が全くないのでKindleの読み上げで一気に読めます(笑)

耳で1回全部読んで(主にジョギング中に)、Kindle端末でもう一回全部読みました。
ほぼ読み飛ばさず前からじっくり。
時間かかったー(笑)


でも、とってもワクワクして、ページをめくる手が止まらない本でした。正確にはページをめくるタップが止まらない、ですが(笑)



世にある成功法則の検証をしている本です。

こうすれば成功するよ、って研究のエビデンスを取って、実際のところはどうなのかをまとめてあります。

「残酷すぎる」とは全く思いませんでしたが、一般に言われている成功法則に意味がなかった(ものもある)よという意味で残酷と表現しているのかな。まあ、若干盛っているタイトルだなと思います(笑)

優等生に成功者はいないとか、
いい人より悪者の方が短期的には成功しちゃうよとか、
引き寄せの法則は大間違い、とかね。



ただ検証してまとめている学術的本でなく、それぞれの結論について理解しやすくするために、そのエビデンス足り得るエピソードが満載で、その部分が読み物として面白い!

最初は、何のこっちゃいと思いながら読み進めるんですが、そのエピソードから分かることが結論になっています。

以前にご紹介した「コンサルタントの秘密」もこの手法だったな。

はっきり言ってまどろっこしい(笑)
読むのに時間がかかる。
しかし、疑問に抱きながらも読み進めると、結論が腑に落ちる感覚がまるで違う。


いわゆる自己啓発本やビジネス本のテクニック集には、うまいやり方が書いてあり、その具体例を上げているタイプのものが多いですが、
例が具体的であればあるほど、その具体例に近い人は理解できるけど遠い人はさっぱり理解できないじゃない?

でも、具体例がしっかりとストーリーになっていて、それを取り巻く環境や状況などを含めストーリー仕立てで理解しやすくしてあったら、その人の生きてきた環境や、やってきたことに全く関係のない人であっても、じわりじわりと共感でき、その人生から得られた教訓や成功法則について、自分の置かれた環境や状況に落とし込めるようになる。
と思いました。


なので、ポイントだけを読み飛ばさずに前からじっくり読んだんです、珍しく(笑)

いやー、面白かった、非常に満足度の高い本でした(o^^o)



以下、自分用のポイントメモです。

1.エリートが勝つのか
優等生は突出しない。

息子に優等生を求めることはしないでおこう。
(今は結構優等生なんだけど)
何か出来ない科目ができたり、不得意なことがあったとしても、息子が好きで夢中になれていることがあれば、それを伸ばしてあげよう。

成功に必要なのは、強みを生かしてあげられる環境である。


2.いい人は損をするか
真面目に働いている人より、上司にゴマをすった人の方が給料は上がるという真実。

でも、悪はうつり蔓延する。結果的にズルは通用しなくなり、自分としても組織としても腐敗して幸福度が下がってしまう。
成功したいなら、ズルはしないで自分の成果を上司にアピールし続けよう。

また、打算的な人より与える人(ギバー)の方が成功する。惜しまず与えよう。
ただし損をして苦しみ続ける人も、また与える人(ギバー)である。その境目は、自分を犠牲にしすぎないこと。


3.諦めない人が勝つのか
諦めない、意志の強い人が勝つのではない。
自分にとっての意味、意義を見出している人が勝つ。
続けたいことがあるならば、ゲーム性を取り入れて失敗やフィードバックを楽しむこと。


4.成功するには外交的であるべきか
一流のスポーツマンは内向的なケースが多い。その方が自分がやるべき事に集中できるからだ。

ただし、友人がいることは幸福度を上げる。多くはいらない。真の友人を大事にし、お互いの幸福度を上げよう。


5.自信はある方がいいか?
自信がありすぎるのも、ないのも、どちらも善し悪しがある。
最適な考え方は「自分を思いやる」「自分を許す」(セルフコンパッション)こと。
そうすれば、自信を持つことのメリットを保ちながら、自信を失うことのデメリットを排除できる。

自分を許そう。
毎日寝る前に。


6.仕事とプライベート
大切なのは費やす時間ではなく、満足度。自分がコントロールしているという感覚。

幸福度BIG4)
幸福感:楽しむこと、大切な人と幸せに過ごすこと
達成感:何かを達成すること
存在意義:誰かに必要とされること
育成:誰かに伝える、教えること

このバランスが大事。どれかの最大化は幸福ではない。
自分は何を無意識にできているか?何をないがしろにしているか?達成ばかりに時間を使い、伝えることの幸せを見失っていないか?

BIG4、意識してみよう。



結論)

成功とは、「自分はどんな人間か」と「どんな人間を目指したいか」の二つを加味しつつ、そのバランスを調整することだ。
成功の秘訣は、たとえばあなたの強みであるスキルを最適な職務で活かすこと。周りをギバーに囲まれたギバーになること。あるいは、あなたが前進できる形で社会とつなげてくれるストーリー。あなたを助けてくれるネットワークと、あなた本来の内向性、外向性を活かせる仕事。また、ものごとを習得するときも、失敗した自分を許すときも、たえずあなたを前進させてくれるセルフコンパッション。そして、多方面で豊かな人生を作る4要素間のバランスである。




まず、汝自身を知れ。


これまで読書により得られた知見を、裏付け、補完し、膨らませてくれた、とても満足度の高い本でした。

2回読むのに1週間かかっちゃったけど、読み飛ばさず選んで大正解。
書評だけ読んで分かった気になれる本ではないので、何か引っかかるところがあれば是非挑戦してください。450ページありますが(笑)



これもkindleunlimitedで読めます!
なんと有益なサービスなのか!(笑)
しかも、まだまだ私無料期間www





「伝える」幸福度要素はブログ活用(ノ´▽`)ノ♪
フィードバックがあれば更に幸せなので、読んだらぜひポチッと押してください(o^^o)
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

関連記事

* Category : 読書記録

* Comment : (2)

No Subject * by 女性ロード乗り
初めまして.ブログ楽しく拝見しております.
本の要約がすばらしく,ありがたかったです.自分でも購入して読んでみます!!

Re: 「残酷すぎる成功法則」満足度の高い本だった!! * by るみ
コメントありがとうございます(o^^o)

一部要約ではなく私の私見も入ってますので、
お読みになったら別の捉え方になるかもしれません。

厚いけどじっくり読む価値のある本だと思いますよ(^^)
章それぞれ独立してますので、目次を眺めて関心のあるところから読んでみてください。

コメント









管理者にだけ表示を許可する

No Subject
初めまして.ブログ楽しく拝見しております.
本の要約がすばらしく,ありがたかったです.自分でも購入して読んでみます!!
2019-01-21 * 女性ロード乗り [ 編集 ]

Re: 「残酷すぎる成功法則」満足度の高い本だった!!
コメントありがとうございます(o^^o)

一部要約ではなく私の私見も入ってますので、
お読みになったら別の捉え方になるかもしれません。

厚いけどじっくり読む価値のある本だと思いますよ(^^)
章それぞれ独立してますので、目次を眺めて関心のあるところから読んでみてください。
2019-01-21 * るみ [ 編集 ]