FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

五島レポ4)大成功!バイクの戦略

バイクスタート。

沿道の応援の皆さんに、
「いってきまーす!!」
と言って出ていきます。


まず給水。
多分、スイムで結構発汗してる。
DHバーボトルのOS1を2口吸います。


スイム遅かったから、もう補給もスタートしていいな。
(運動開始から90分後を目安にしてる)

補給食バッグにパワーバーのグミを放り込んどいたのを摘み、
ゆっくり噛みながら進みました。
これが美味しくて、噛むことで頭もスッキリするし良かったです。
練習で試してないもの投入するなんて、ほんとはやっちゃいけないんだけど(笑)



レポの前に、今回の戦略をまとめておきます。
事前には書かなかったけど、自分の中では確固としてありました。


バイクの作戦はシンプル。
3秒平均パワーだけ見て、100~120wに抑える だけ。

もちろん登りはそうはいかないけど、インナーローを積極的に使って、とにかく低く抑える。

パワーを抑えるために、可能な限りDHポジションをとる。
見通しの悪いコーナーと登り以外、
ほぼDHポジションで通しました。



速度は見ない。
見るのは、登りきって下る時くらいかな。
33km/hまで上げたらもう脚止めるので、その目安で見たくらい。

平均速度は1時間に1回くらいは見た(笑)
25km/h上回ってればそれでいい、程度。


心拍は140台前半、と決めてましたが、
体感で分かるのでほぼ見てなかったです。
多分ずっと140-143で、下りで脚を止めたら130に落ち、登りでも148程度。



見る指標が限られていた(パワーのみ)ので、
身体の声をよく聞けました。



パワーを抑える、を徹底していれば最後まで脚が持つのは分かっていたので、
心配なのは腰痛だけでした。

腰痛対策もシンプルで、
とにかく登りは全部身体を起こすこと。
パッド持ちで完全に腰を伸ばし、ペダルも踏まない。
引き上げて下ろすだけ。

あと、DHポジションの時は、腰椎下部に負荷がかからないよう、
重心を前に置くように意識しました。
これを、重心が下がったまま腰を伸ばそうとすると、反り腰になってしまい余計負担がかかるのです。

それに気づいたのは、金曜にT屋さんに指摘されて魔法をかけてもらったからですけど(笑)
T屋さんにもらったエイジ1位だわ。



補給は、
1時間に100mlの粉飴ドリンク。
100mlあたり30gの粉飴を溶かしてあります。
一度には飲まず、3-4回に分けて。

1時間に1-2個の塩タブ、
2時間に1包のBCAA。
ココナッツオイルは気が向いたら。


給水はマメにとるけど、一度に飲み込むのは2口まで。
ごくごく飲まない。

もらったボトルそのままでは絶対に飲まない。必ず常温にしてから飲むこと。
水を貰ってボトルに移し、経口補水液パウダーを混ぜる。


全エイドで水ボトルを貰い、貰ってすぐに全身にかける。
涼しい時間はそのエイドでもうボトルを捨て、
暑くなってからは後からもかけるから残りを取っておく。



以上を、スタートからバイクフィニッシュまで徹底しました。
それだけです。
それだけで、180km楽しく楽しく走れました(^^)


見てこのサイクリングログ!(笑)




最後まで脚がくるっくる回りました。
下り以外で脚を止めることなく。
去年とは大違い。


もちろん向かい風は嫌だったけど、
それも「決めたパワーに対して速度が落ちてるだけ」なので、
なんら苦しいことはないんです。
進まないわー(笑)って思うだけ(笑)
進むことじゃなく、楽することの方が優先。



タイムや順位を気にしてたら、これが徹底できなかった。
完全に頭から消しました。

なので、最後数キロになるまで、
何時間何分で帰るのか全く意識してなかったです(笑)
もちろん順位も。



今年、ローラーばっかりやってて、
その弊害ももちろんあったけど(重心やポジションや)、
メリットもたくさんありました。
「どのパワーなら脚を使わず長時間乗れるのか」をじっくり実験できたことです。

そんな実験、退屈すぎて普通できない(笑)
でもローラーなら映画3本続けて見ればいいだけですからねー。


110wなら、ただ股関節を動かしてるだけでした。
感覚でいくと、「軽すぎる」って上げちゃいます。
そうじゃなく、「110wで乗る」と決めてスタートするんです。

それが、今回のバイクの勝因でした。
すっごく楽しめましたよ(o^^o)


では、次からレポに戻ります。



ちなみに、180kmの平均パワーは102w、
NPでも117wでした。
IF0.65。ゆるゆるでした( ̄▽ ̄)

記録関係なく楽しくロングを楽しみたいという時は絶対これ!
パワーメーターを活用した低強度バイクプラン、大成功でした。
パワーメーターは記録を狙う人だけが使うものじゃないのだ(^^)


ナイスサボり!とポチっと宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
関連記事

* Category : 大会・イベント

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する