宮古島トライアスロン参戦記録【レース編2】

まずは1stラン、距離は6.5km。

この日のために練習を重ねてはきたが、
一度もラン→バイクという練習はしたことがなかった。

ランからバイクへの影響が全く分からない。
アップのつもりでジョギングすればいいかと
キロ6分ちょっとで軽く走っていたが、
それでも不安や緊張からか、息が上がって苦しかった。

シューズを履かず靴下のまま走っている人や、
サンダルで走っている人がたくさんいた。
たった6.5kmとは言え、不安だろうなあ。
怪我しなければいいが。

気付けば横にデンジャラスノッチがいた。
昨日から何回か見かけていたが、口調が丁寧で腰も低い。
とても高感度上がったなあ。


ゆっくりジョギングペースで進む大集団。
レース中にも関わらず和やかな雰囲気。
そこら中でおしゃべりや笑い声が聞こえる。
なんとも異様な光景のまま、
あっという間に1stラン6.5kmが終わった。
---------------------------------------

スタート地点に戻ったものの、
ランフィニッシュのラインがどこにもない。

本来であれば、スイムから上がり計測、その後トランジットで
トランジットタイムはバイクに含まれる。
なので、どこかでラインを越えなければランが終われないはず。

焦った。
スイムフィニッシュラックまで行かなければいけないのか?
このままバイクの所に直行していいのか?
たまらず足を止めて逆走。
目に入ったスタッフさんに声をかける。
「このままバイクに行っても大丈夫ですか?着替えないです!」
大丈夫、行って行って!とのことだったので、
流れに戻ってバイクの元へ。

ゆっくり走っていたので、すでにラックにかかっているバイクは2割程度。
スイムがあれば、
もう少し多くのバイクがかかっている光景を見れたかもしれない、と
悔しく思えた。


バイクシューズに履き替えながら、周りを見渡すが、
トランジットバッグを預ける場所が見当たらない。
やはり本来のスイムアップのラックにかけておくべきだったのか。
どうしよう、持って行ってもらえるだろうか。
同じく袋を持っている人と声をかけあい、
どうしようどうしようと焦る。

少し離れた所にスタッフの方を発見。
かけより、
「バッグ置いてても持って行ってもらえますか!??」と聞く。
頷いてくれたので急いでバイクに戻りラックから下ろして
スタートラインへと進んだ。

この間ももちろん全てタイムに含まれる。
ランのタイムになるのか、バイクになるのか。
どちらでもいいのだが、
ラインを踏んでいないので失格にならないかだけが不安だった。
(結局1stランの時間全てがバイクタイムとなったようです)

------------------------------------------
バイクスタートラインを超えてバイクにまたがる。
前の人がスタートしないので横をすりぬけようとするが
右も左もバイクだらけ。狭い幅に密集しており初めから危険だった。

なんとかすりぬけてゆっくりスタート。
走りながら手首のガーミンをバイクマウントに付けかえ、
ようやくラップボタンを押した。

すでにスタートから45分が経過していた。
この時間が丸々、制限時間の短縮になってしまう。
バイクスタート予想時刻が8:15頃だったので
すでに30分のビハインド。

この強風の中、バイクはきっと予想速度では走れないだろう。
これはきっと楽しんでるどころじゃないな、と思った。

不安な気持ちを抱えながら、バイクパートがスタートした。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

バタバタっすね
いや〜スタートからバイクまで
めっちゃバタバタだね〜(^◇^;)

僕もデュアスロンってやったことないんで
1stランってどれ位で走るのか見当もつかない。

ただ、こないだの皆生がデュアスロンになってたのを見て
「いつそうなってもいいような準備は要るよな〜」
とは思ってました。

トランジットもそれだけ混乱してたら
さぞかし心拍数上がってたでしょうね(;^_^A
>まやさん
バッタバタでしょ~~~~。
あ、1stラン走ってる間はのどかでしたけどね(笑)
キロ6分ちょいの大集団(笑)

ほんと、どれくらいで走ればよかったのか、分かんないです。
でも緊張とアップ不足(不足ってかゼロ)で
最初っから心拍数も上がって苦しかったし、
あれ以上のペースで走れた気がしないのだけれど。
かと言って6.5kmを6'30ペースって訳にもいかず。

結果的には「普段のジョグペース」でよかったんだと思います。
ただ、私はスイムよりランの方がスピード順位は低いので
バイクスタート時点でかなりの後方になってしまいました。
これも焦りの一因でしたね。バイクほとんどないんだもんww

このトランジットはちょっと反省が多くて
思い出すのも恥ずかしい。
なぜ公式アナウンスをちゃんと聞かないで
自分の判断で動いてしまったのかと。

しかしまあ、ランスピードのない私にとっては
とってもとってもきついデュアスロンでしたw
まあラン持久力はあると思っているので
最後のランは大丈夫でしたけど^^

管理者のみに表示

トラックバック