FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

感謝は伝えてナンボです

昨日は仕事帰りにプロボノのボランティア活動。
支援先のNPO法人のイベントでボランティア参加されている方に、
課題や改善案のヒアリングをしに行ってきました。


私自身もこうやってボランティアしてるわけだけど、
いざボランティア活動されてる方にお会いすると、
なんでわざわざそこまで時間や労力使って人の役に立とうとするの?と
不思議に思っちゃったりするもんです(笑)

自分もやってんのにw



昨日お会いした方は、

普段医療の現場で働いて病気の方と対応するなかで、
病気になる前の方に予防のための行動を伝えたい、という思いが強くなり、
趣味のノルディックウォーキングのインストラクター資格を活かして、
高齢者にその楽しさを体験してもらう活動をされています。

楽しく気持ちよく安全に身体を動かしてもらって、
続けたい、もっと運動したいと思ってくれればいい。
それが、健康寿命を伸ばすことの手助けになれば嬉しい。

そう思って、お忙しい生活の中で時間を調整して、
ボランティア活動されていらっしゃるとのことでした。



お話を伺っていく中でとても印象に残ったこと。

「喜んで頂けることが嬉しいので、不満やしんどさはないですよ。
でも、フィードバックは、欲しいです。
次につなげるためにも。」

イベントが終わり、ただお疲れ様と解散されると、
自分の活動がどう役に立ったか分かりにくい。

身体が温まって気持ちよかったよ、
おしゃべりしながらで楽しく動けたよ、
もう少し休憩が欲しかったな、
また次も来たいないつやるの?

そんな声が、
ありがとうの言葉とともに届けられれば、
ボランティアをしている方も気持ちよく終われて、
また次もっと良くしようと頑張れます。


うん、終了後のアンケートの実施をご提案に入れよう、

と思ったと同時に、


あ!あたし五島のアンケートまだ出してない!
思い出しました。
感謝の声を書いて出さなきゃ!


私、キレイゴトじゃなく、本当に五島の皆さんに感謝しています。

半年トレーニングしてきて、
その成果を出して最高の多幸感を得られたのは、
あの大会を開催するために努力してこられた運営の皆さんや、
一つ一つの持ち場を支えるボランティアスタッフの皆さんや、
安全に遂行できるよう見張って下さった審判の皆さん、
そして交通規制を受け入れ島ぐるみで応援して下さった五島の市民の皆さんのおかげです。

本当に、感謝してるんです。


でも、伝えてなかった!と思って!


感謝は、伝えてナンボです。
頭の中で思ってたって、伝わらん。
口に出して、文字にして、渡さな!


今日、遅くなったけど、書いて出します!!
まだの方、
ここにあります、ここに!

goto.png




あのね、、、

大会運営スタッフって、ほんまにしんどいねん、、、。

何日も何日もかかって、準備すんねん、、、。

給料なんかないで、もちろん。
ボランティア。
交通費も出ない。自腹。

大会運営団体やって、儲けなんかないよ。
補助金でやっとできる。
スポンサーに出してもらって、やっとできる。

ただ、トライアスロンの発展とか、
たくさんの人にトライアスロンの楽しさを伝えたいとか、
喜ぶ顔をみたいとか、
そんなんのためにやってる。


そりゃ、不手際もあるよ。
いろんな選手がいるし、全部のことにパーフェクトに対応なんかできん。
選手要項読んでこない人もいるし、
トランジションクローズって何?いま出さしてよ!って怒る人おるし、
段取り悪いわ~って目の前でボヤかれるし、
ほんま、心身ともにクタクタよ(笑)


だからさ、せめてものご褒美に、
選手の皆さん、感謝を伝えて帰ろうよ。

ありがとう~おかげで楽しかったです~!
また来ます、ありがとう~!!

そうやって、言って帰りません?

レース中はいいから(笑)

片付け終わって、バイクをトランジションから出す時、トランジションのスタッフに。
本部や荷物預けのスタッフに。
撤収作業頑張ってるスタッフに。
スタッフTシャツ見る度に!(笑)

ありがとうございました~!
皆さんのおかげで楽しかったですー!!

って、言って欲しいな~。



今週末もいろんなとこで大会あるけど、
最後帰る時、ありがとうの言葉だらけになるといいなと、願ってます(*´ω`*)

ぜひ、あなたから。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
関連記事

Theme : トライアスロン * Genre : スポーツ * Category : プロボノ

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する