宮古島トライアスロン参戦記録【レース編5】

関門時間ギリギリで、ヒヤヒヤのランスタート。

出発前にシミュレーションしていた「完走パターン」の
通りになっているわけなので、
あとはキロ7分ペースを維持し続ければゴールできる。

少し安堵した。

あんなに苦痛に歪んでいた表情も一変して笑顔に。
スタート直後のたくさんの声援に、
「ありがとう、行ってきます!」と手を振り、
精一杯の笑顔で応えた。


よし、ランだけでも、目標に近づけるよう頑張ろう。
折り返しまでキロ6分30秒ペース、エイドストップなし、
折り返しからキロ7分ペース、エイドストップ2回で行こう。
そうすれば、4時間40分で帰れる。

最初の5kmくらいまでは、いける、そう思っていた。
バイクのダメージはさほど感じず、キロ6分30秒ペースで進めていた。

5kmくらいまでは。


・・・宮古島のランは登り基調、分かってはいたけれど・・・

登り基調って言うか・・・

登りばっかりやないかい・・・・!!

思わず突っ込んだ(笑)
口に出していたかもしれない(笑)

実際には登りばっかりということもないのだけれど、
そう感じてしまうほど、登りで足が重かった。



この辺りからトップ選手とのすれ違いが始まった!

1位の選手が行ってから、たぶん10人目くらい、
ブログ村のトライアスロンカテゴリで見かける、
数回やり取りさせて頂いていたブロガーさんが通った。

すごい!すごい!!!めちゃくちゃ早い!!!!
思わずファイトーーー!!!と手を上げて叫んだ。


その後も、続々と見知った顔のブロガーさんが通る。
なんて、なんてレベルが高いんだ、ブログ村トライアスロン!!!

そんな中あたしみたいなのがランキング上位にいてすいません(笑)

これだけすれ違うんじゃ、タレてらんないぞ!と気合を入れ直した。


15kmくらいから、少しずつ身体の異変が気になりだしてきた。

まず腰。バイクの時からジンジンしてたしびれが、
時折「ズキッ」という痛みに変わっていた。

そして足の指。左の親指に、明らかに大きなマメができていた。
しかも踏みこむ度に弾力を感じたので、かなり水が溜まっている。
破れたら大変、とマメができている部分を守るように、
足の指を曲げたり反らしたりしながら恐る恐る走った。

そして左のハムストリングス。
膝の裏からお尻まで、全体が強くしびれ、
登りで少し踏みこむだけで攣りそうなくらい張っていた。

今までレースで薬に頼ったことはなかったけれど、
この後まだまだ長い。痛みはできれば消しておきたい。
迷わず、ランポーチからロキソニンを出して飲んだ。


折り返しまであと数キロ。だいぶ足が重くなっていた。

計算能力が幼稚園児並みになっている脳みそで、
頑張ってペースを計算(笑)

制限時間が20時30分、折り返しを17時30分で通れれば、
あとはキロ8分でもゴールできる。
そう思ったら少し気が楽になって、少しだけペースが上がった。

折り返し17時32分。
行ける!カメラに向かって両手でガッツポーズ!

その直後のエイドで、今日初めてじっくり足を止めた。
コーラ、水、黒糖、塩をもらい、エアサロをたっぷり振って貰う。

ゆっくり水を飲み干して、

「よし、帰ろう!」

大きな声で自分に気合を入れて、ラン後半21㎞がスタートした。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
関連記事

コメント

ロキソニン
ロキソニンって、今は薬局でも売ってるやつですよね?
僕もロングに挑戦する時には用意しとこうw

読ませてもらってて
やっぱ作戦って大事だな〜って思った。

今回、完走目的とはいえ
ランまでに時間を稼いでおくような設定だったら
地元の人でも驚くような風の中のバイクの後
ランに来て、ぜったい不安で一杯だったよね。

しかし、シミュレーション通りで「少し安堵した」
というのは、かなりのアドバンテージでしたね(^_^)b
泣けた。。。
>まやさん
ロキソニン、ウルトラマラソンの世界では常備アイテムらしくて
今回初めてランポーチの中に入れてみたの。
助かったよ。
あれ以上腰とマメの痛みが強くなってたらやばかった。

ほんとはバイクの時点で飲んでたらよかったなとも思う。
100km超えてから、腰の痛みで脚を止めることが多かったから・・・。

作戦やシミュレーションはいろんなことを想定しておくべきだと思った。
今回完走ギリギリパターンを一度想定しておいたでしょ。
だから100kmまでアベ25㎞でクリアできるの分かってて
ただそれだけを気にするだけで済んだしね。
そうじゃなかったらずっと頭使っててすごく疲れたと思うねん。
100km超えてからの体力低下っぷりは想定以上だったけどね(笑)

ランはあんまり不安はなかったなあ。
バイクで消耗しきってもう走れないって状態ではなかったから
5時間20分の持ちタイムあったし大丈夫だと思ってた。
もちろん余裕とは思わなかったけどね。
>とある女子ちゃりさん
泣けましたか(^-^;;;
私もダダ泣きでした(T^T)

バイクきつかったっすーーーーーー!!!(笑)

管理者のみに表示

トラックバック