FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

【朗報】意外と閉じないケトン体回路

昨日の食事。
カロリー不足(^^;






糖質制限でなくカロリー計算でダイエットをすると
どうしても土日はオーバーしがちだった。
運動してお腹空くし、運動したからいいよねって感覚がある。

でも、糖質制限にすると、土日も確実にアンダーカロリーになる。
タンパク質と脂質が多くてお腹が空かないから。

昨日も、朝食におからパウダーとサイリウムで焼いたパンケーキ食べたら、
夕方までお腹が空かず困った(笑)
昼は無理やり食べた。


ので、糖質制限は、
「運動してるのに痩せない」
人にもとても合う(笑)
運動し続けるのはすげー辛いんだけどね(笑)


でも、昨日発見が一つ。
朗報。

夜、家族で出かけた緩いジョグ、
最初はもうめちゃきつくて、
旦那のペースに追いつかないくらいだった(笑)
キロ7分超え。

しかし、2kmもいかないうちに、動くようになった。
後半は6分切って走れている。


これ、3月に厳しい糖質制限始めた頃は、
こんなに直ぐに動くようにならなかった。
最初数回は、15分おきに止まってなんとか走り切ったって感じだったと記憶してる。
なんなら3kmで帰ったこともあるwww


つまり、3月4月でやった低グリコーゲン練習の効果が、
まだ続いてるという事だ。


4月に糖質制限を緩めて100-120gにしたし、
レース前後5日ずつくらいは糖質300g取っている。
その後はまた100-120gくらい。
トレーニング量も少ない(レース後はほぼ無し)ので、
全くケトン体が出る生活ではない。
けど、ギリギリ糖質が足るか足らないか位の量。

これでも、枯渇させたらちゃんと動く仕組みがはたらいてくれる。
表現が正確かは分からないけど、「ケトン体回路が動いてくれる」のだろうと思った。


てことは、だ。
トレーニングシーズンに、トレーニングの強度を落とす要因となる「糖質50g制限」をしなくとも、
トレーニングシーズン前にやっておいて、
それを緩やかな低糖質(100-120g)で維持する、でもいいということになる。


これは、朗報だなあ(笑)
100-120g取れば、まあトレーニングは普通にできるからね。


そうなることを信じてこの苦しい時期を乗り越えよう(笑)



引き続き検証します( ̄▽ ̄)
応援ポチッと宜しくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
関連記事

* Category : 料理/栄養

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する