FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

思考スピードの鍛え方

転職して一年ちょいになりますが、
入社直後とやってることはあんまり変わらない。

・問題点聞き出して
・問題の本質を紐解いて
・解決策を提示して
・解決策に取り組みやすいよう最初のレールを敷く

ってことを、大小繰り返しているだけ。


でも、1年で大きく大きく向上したのが、
そのスピード!

去年はまだ、
ヒアリングして自席に持ち帰って整理してじっくり考えてまとめて
改めて打合せしてこうじゃないですかねって提示して合意して
また自席に戻って解決策考えて、上司にもアドバイス求めつつ社内のノウハウ検索しつつ案作って、
打合せして合意して
自席に戻って資料書きあげて、、、

ってやってたので、ヒアリングからアクションプランスタートまでかなり時間がかかってた。


でも今は、
ヒアリングの場でもう解決策の提示までいけちゃう。
(もちろんデカイのは別)

時間かかるのは最後のドキュメント作るとこだけで、
それも、優秀な担当者が相手なら紙に落書きしただけでその場で終わっちゃう。


思考スピードが爆上がりしてる
と思いますw


2度3度やってる内容ならともかく、
初めて関わるような内容でもそう。

じっくり考えないわけじゃなく、
じっくり考えなくてもいいことをその場で切り分け判断できてポンポン解答が出せるようになった。

その分時間が余るから、
出した仮説についての検証に頭と時間を使えて、
結果的に品質も上がる。

自席に持ち帰らないから、仕事がすぐ終わる。
使える時間が増えて、次の仕事の準備に回せたり、
調べ物や勉強に時間が回せる。


いいことばっかり( ̄▽ ̄)


では、その思考スピードの向上は、何により鍛えられたのか???


んーー、0秒思考、的なトレーニングは別にやってないんだけど、
それに近いことを日々やってきたかも、と思う。

0秒思考って、思いつくまま1分間A4用紙にメモ書きを繰り返してマインドフルな状態を作り出す、
アクティブ瞑想のやり方のひとつなんだけど、

わざわざそんなトレーニングをしなくても、
仕事の中でそれを作り出していればいいのね。

私の場合はレビューやヒアリングの時の「議事録」がそれになった。

議事録ってその担当の人がいないと漏れがちだけど、
私は1人でヒアリングも指摘もやらないといけない。
聞き取ってWordに打ち込みながら課題を考えつつそれもメモしてメモしてメモして、
相手の発言が終わったら、ポイント部分を「こういうことですね?」と要約して確認して、課題の指摘まですぐ持っていきます。

なので、1分間思考スピードトレーニングを仕事をしながら繰り返していた、というわけ。
じゃないかな?と。


これ、「議事録を作成する」という目的だけでは達成できない。
それだと、聞き取ることだけになって思考はしていないから。

議事録(1次情報)を取りながら、
そこから問題点を見つけ出そうと考えたり
それに対する仮説を立てたり
さらにその展開まで考えたりってことを同時にやるから鍛えられる。


以前紹介した「どこでも誰とでも働ける」にも、議事録技が書いてたけど
それをすることで思考力が上がるって副次的効果もあるわー。

「どこでも誰とでも働ける」これからの生き方のバイブルにする

やばい!やばい本を見つけてしまった!(笑) 「どこでも誰とでも働ける」 以前呼んだ、「モチベーション革命~稼ぐ為に働きたくない世代の解体書」の著者の方です。 どの会社でもやっていける、会社や仕事だけにとらわれず誰とでも活動して生き生きと生きていける、そのための考え方や働き方や転職術を書いてくれている本です。 もうめっちゃくちゃ目が見開きました!!



メモの魔力(読んでませんがw)にもそういうのが書いてあるのでは?
(読んでから書けよとw)


事業コンサルや戦略コンサルでは成り立たないかもしれないけど、
私みたいな現場の業務改善系のコンサルはスピードも大事なんで、
仕事しながら脳に負荷かけて鍛えていきますわい( ̄▽ ̄)


さー、今日もめきめき頭動かしまっさー!
はよ上がって身体も動かしたいし!
ポチっと応援宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ


ちなみに、優秀な審判やボランティアの皆様はこの能力が高いと思う。
思考スピードが対応力に繋がってるのね。

にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
関連記事

* Category : 仕事術・集中術

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する