FC2ブログ

大阪のオカンがトライアスロンするブログ

小学生のオカンがトライアスロンを楽しむ日々を書き連ねておりまする。

 

運動しながら勉強する方法3選

どうすれば忙しい生活の中でトレーニングできるのか?

隙間時間の活用とかも考えてやってみたりしたんですけど、生活全体的に余裕が無くなって疲れやすくなるって事が分かりました。

次に、全体的に強度を上げて時間効率を上げること。
これはやるのはやってます。ゾーン3や4はやらずにゾーン5でやってる。
でもゾーン5でやってるからゾーン2をやらなくていいと言う理由にはならない。


結論として行き着いたのは、ゾーン2を上手く「ながら」でやって仕事や勉強をしちゃう、と言うことでした。


効果的な方法として、3つ、あります。

1.Kindle読み上げを聴きながら走る(乗る)
2.オーディブルを聴きながら走る(乗る)
3.YouTubeを聴きながら走る(乗る)


Kindle読み上げを聴きながら走る(乗る)


kindleアプリで本を表示した状態でiPhoneやAndroidの画面読み上げ機能を使って読み上げさせて、それを聴きながら走るという方法です。

速度も調節できますので、頭に入りやすい速度で聞くといいです。私はイージーな文章なら2倍、それ以外は1.5倍で聞いています。




メリットは、とにかく読書量が増えると言うことです。
KindleUnlimitedで興味のありそうな本を片っ端からダウンロードしておいて、運動中に限らずずっと聞いていれば週に3~4冊は楽勝です。

デメリットは、読み上げに適用していない本があるということと、挿絵が多い本は止まってしまうので度々操作が必要という事。あと専門用語が多い本はちゃんと読み上げてくれず理解しにくいことがあるということでしょうか。
あと、画面閉じると読み続けてくれないのでずっと画面開けてないといけません。

それでもとにかく読書量が増えるのはめちゃくちゃメリットが大きいです。
KindleUnlimitedは月980円で読み放題。はっきり言って登録しない意味がわからない位ビジネスマン必須のサービスだと思ってます。

初月タダのお試しサービスがあるのでまずは登録してみてはいかがでしょうか。




オーディブルを聴きながら走る(乗る)


こちらもアマゾンのサービスですが、機械に読み上げさせるのではなくちゃんとしたナレーターが本を読んでくれているものを聴けます

聴き心地は断然こちらの方が上です。プロが読んでいるので耳に入りやすく、読み方の強弱や緩急で、どこがポイントかをつかみやすくなっています。
Kindle読み上げだと耳に入ってくる情報の中から自分でポイントをつかむ必要がありますが、Audibleで聞くとまるでセミナーで聞いているかのように理解しやすいです。

ただしデメリットとしてはそこそこ金額がかかります。月額1500円ですが聴き放題ではありません。1冊1500円で買えると思ってください。2冊目以降は30%引になります。

毎月本を1冊1500円で買うのと同じことなので決して高くは無いですし、いつでも退会できるので欲しい本があるときだけ登録するというのもありです。私は過去4冊だけ買って今は退会しています。

最初の1冊が無料なので、登録して高い本を1冊買って読んでみてはいかがでしょうか(笑)




YouTubeを聴きながら走る(乗る)


好きなビジネス系YouTubeがいたらこれもいいです。ビジネス系のコツやノウハウ解説系の動画ってほとんど画面見てる必要ないですしね。

ギガ無制限のサービスを使っていれば普通にYouTubeアプリで良いですが、私は月3GBのプランなのでYouTubeの有料版を登録しています。月1500円です。

Wi-Fiにつないでいるときにスマホ内に保存しておいて、走る時はオフライン再生します。複数動画の自動連続再生も可能です。画面を閉じても音声のみ再生してくれます。

KindleやAudibleと比べてのメリットは、話し言葉なので運動している状態でも耳に入って来やすいという事と、好きなYouTubeだったら時間を忘れるから運動時間が長くなりやすいことですね(笑)

デメリットとしてはただ聞いてるだけになりやすいと言うことです。

これは方法3つに共通する事なんですが、ただ聞いているだけだと結局頭に残りません。できたら、いや是非やったほうがいいのが聞きながらポイントをメモすることです。


聴きながらメモを取る


とは言え走りながら紙とペンにメモするのは難しいので、ここはスマホに音声入力します。
聴きながら音声入力は確実にバグるので、オススメは聞く用のスマホとメモする用のスマホ2つ持って走ることです。

機種変してもう使っていないスマホをWi-Fi専用機として家でYouTube見る用にしてるんですが、それを活用します。ただし音声入力は基本ネットに繋がっていないとできないので、Wi-Fi専用機を聞く用にして、電波の繋がるスマホをメモ用に使っています。

帰ったらメモを手帳に書き写して、さらに深く調べたいことや行動を起こすことなどをタスクに組み込みます。

インプット作業だけでなくアウトプットにつながる、ながら勉強、ながら読書の仕方でした。


今日はYouTubeでメンタリストDaiGoとマコなり社長を聴きながら17kmロングジョグしてきました。メモも結構しましたよ~。



聞くだけの読書に意味はないです。
いかにたくさん聞くかも大事ですが、聞いたことをどう残し、どう活かすか、まで組み込んで「ながら」を組み立てると続くと思います。

KindleUnlimited

Audible


メモは特別なものは使ってません。iPhoneのメモアプリと日本語音声入力。


ちょっと昼寝して午後もまた勉強します(^^)
ポチっと応援お願いします~。
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
関連記事

* Category : 仕事術・集中術

* Comment : (0)

コメント









管理者にだけ表示を許可する