大会・イベントの記事 (2/59)

【ご報告】奨励金7万円出ます!

自治体に申請していた、世界選手権出場の奨励金、、、


詳しくはこちら
スポーツ大会出場奨励金を申請してきました【でるか7万!!?】





きたーーーーーーーーーーーー!!!!



交付決定!


やったーーーーー!!!



その金額、


7万円!!!でかい!!(笑)





ううう(>︿<。)

助かります(>︿<。)

これでウェア代振り込めます(笑)



これで、ITU世界選手権の出場は、奨励金の対象になることが分かりました。
少なくとも大阪府堺市では。

是非、皆さんも申請してみてください。

それが、トライアスロンの認知度を上げることにも繋がると思います(^-^)




いやー、しかし7万円は凄い!
他の自治体、3万とかだものー。

ありがとう堺市!!!!




お礼に宣伝しちゃう♡(笑)

私の住む大阪府堺市にある「百舌鳥・古市古墳群」は
ユネスコ世界遺産登録を目指しております!


応援大使には、あのレキシが!!!(笑)





今月末には日本の推薦候補が決まります。


これまで3回も落とされて、、、、
もうこれで4回目なんです(・ε・`*)ぶー

4度目の正直!
大阪に初の世界遺産を!





堺から世界へーーーっ\(^o^)/



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます!

堺は自転車の街。シマノの本社があるし、
ツアー・オブ・ジャパンのスタートの地でもあります(*^^*)
結婚して移り住んだ土地ですが、とっても住みやすく気に入っております♡
堺浜は最高の練習環境だしね!

奨励金決定おめでとう!ってクリックして下さると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

世界選手権のウェア、試着しました(^-^)

カナダ世界選手権の公式ウェアなんですが、
サイズに不安があったので一度確認のため試着用を送ってもらいました。



ちなみにサイズチャートはこうだったんで、



ウエストで見るとXS、胸囲で見るとSやなあというとこ。
ってか、ほとんどの女子選手そうやろ、、、。
男女兼用はこれが困る(^_^;)


去年出た人に、かなり伸縮性あるしXSでいけると聞いていたので
XSで申し込んだのですが、業者さんから一旦送りますかと電話があったので
送っていただいたのです。



おお~、カッコイイ(*^^*)
去年オクラホマのみんながきてたやつやー(*^^*)




早速着てみると、



完全にジャストサイズ!!超ぴったり!


(恥ずかしいので小さくw)


後ろはこんな感じ。お尻部分にJPN、と名前かな。



うん、XSでいけるかな~と思うけど、、、
やっぱり気になるのは胸囲の布が足らないこと。
男女兼用は脇ぐりが大きいよねぇ。
ランシャツとかもそうだけど・・・。

そんなに胸ないからポロリってことはないけど(笑)、
やっぱちょっと気になるなあ。


あと、下に何も着ないと確実に乳首は浮き出ますね。
ブラトップを着けるか、薄いパッドを縫い付けたいところ。

でもこの脇ぐりの広さだから、ブラトップがはみ出すなあ。
サポート感はこれだけで十分あるんで、パッドでもいいかな?
まあ、正式に届いてから考えます。




サイズ、悩むなあ、、、。




腰回りと太ももがほんとにジャストで
股関節の動きが少し気になるかな?
股関節最大屈強(ペダリングの上死点)で若干ツッパリ感を感じる。

それで疲労の原因になったら嫌だしな。

よし、一つサイズあげてSにしよっと。



気になるパッドは、柔らかいフリース素材が一枚貼ってるだけ。
クッション性はゼロですな(笑)



しかもねえ、、、パッドの形状がもう完全に男性用なのよ(^_^;)
女性用のトライスーツと比べてかなり幅が狭い。


送られてきたら何度か走りに行ってみます。
ワセリン塗りまくりで(笑)




えーと、来年の方のご参考に。
基本的には女性の方はXSでいいと思いますけど、
私腰回りがかなり張っているのでそこ次第かな。
ヒップサイズ93くらいあったらSがいいかもです。

まあ、一度試着で送ってもらったらいいと思います(^^)



なお、名前とJPNロゴは、業者さん(スポーツアシスト)の社長さんが
一枚一枚丁寧にアイロン付けしてくれてるそうです(^^)
くるの楽しみ!




ブログランキングに参加しております。
いつも応援ありがとうございます(^^)

分かってはいましたが、、、完全にレスリングウェアですなww
一部のお友達からのレスラー扱いがまた強くなりそう(^_^;)

高いウェアなので、着ますよ、普段から!!!(笑)
届いたらお披露目しまーす( ̄▽ ̄)

かっこいいと思ってくれた人も、
レスラーですねと思った方も、
応援クリックしてってくれると嬉しいですw
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

カナダ世界選手権の選手ガイド解読(2)

前回の続きを読み解いておきます♪
athleteguide01.jpg


<レース当日>

・トランジットエリア
  4:45から入場可能。
  選手のリストバンドを付けている人だけが入場できる。

  当日朝の持ち物:
  スイムキャップ、ゴーグル、ウェットスーツ、タイムチップ、
  ドライストリップバッグ(脱いだものを入れる袋?)、スペシャルニーズバッグ

  ナンバータトゥーシールは受付時のバッグに入っています。
  トランジットエリアに入る前に貼ってくること。


  バイクとトランジットバッグはレース当日の朝持ち込むことは許可されていない。
  また、バイクをトランジットエリアから出すこともできない。

  スペシャルニーズバッグはトランジットエリアの隣の指定場所に置く。

  トランジット場所(ラック)にマークを付けることは許されていない。
  タオルなどすべてのマーキングはスタッフが全て取り除きます。

  レース当日の朝はエリア内のメカニックと空気入れが使用可能。
  自分の空気入れをトランジットエリアに持ち込むことは許されていません。


・メガネ
  メガネにはレースナンバーのラベルを貼り、スイム地点のメガネ置きテーブルに置く。
  移動中の紛失や破壊を避けるため、トランジットエリアに置いて行くこと推奨する。
  もしくはスペアをトランジットバッグに入れておくこと。
  
  スタート地点に残されたメガネはスイムの出口に移動するが、紛失や盗難の責任は負わない。


・簡易トイレ
  トランジットエリアやコース沿いに設置されており利用できる。


・荒天の場合
  荒れ模様の天候の場合は以下計画を適用。
   ・穏やかな雨天 - コースの安全が確認できればレースは実行。
   ・雷 - 雷が発生した場合は、それが過ぎ去りコースの安全が確保できるまでレースは中断する

  運営組織は安全を理由にレースを中止、もしくはレースの構成を変更する権利がある。
  スイムの中止、コース変更、およびランへの変更など。
  仮にそのような措置がなされた場合であっても、返金は行わない。




<スイム>

・ウォーミングアップ
  スイムのウォーミングアップは指定されたエリアにて第1ウェーブスタート15分前まで許可されている。
  指定場所はスタートラインの西側。
  
  早朝、太陽が低くまぶしいため、ゴーグルはカラーレンズを推奨する。

  スイムの間はレースナンバーは装着してはいけない。

  予備のスイムキャップはトランジットエリアのテントに用意されている。

  脱いだものを入れる袋、バックパック、トランジットバッグ、朝持ち込んだ物など、
  レースに必要ない物はトランジットエリアに残してはいけない。
  それらは全てGyro Park内のthe Post Race Recovery AreaにあるMorning Clothes Tentに預けること。

  選手は自分のウェーブスタートの30分前にはトランジットエリアを出てスイムスタート地点に向かうこと。
  15分前にはスタートラインに着くこと。

  パラトライアスリートは水深0.5mの深さからのスタート、それ以外の全ての選手はビーチからのスタート。



<スイムコース>

・オカナガン湖のビーチからスタート。
・ブイでマーキングされた1周3kmのコース。
・まず北西方向に1100m、時計回りに緩やかにターンして800m、最後に岸に向いて1100mを泳ぐ。

AthleteGuide04.jpg


・100mおきにオレンジ色のブイが置かれており、ターンブイは黄色。
・すべてのブイはスイマーの右側に位置している。

・レース当日の予想平均水温は20℃
・レース1時間前に水温を計測し、ウェットスーツについて以下ルールを適用する。
  エイジ:24.6℃以上で着用禁止、15.9℃以下で着用義務
  エリート:22℃以上、15.9℃以下で同
  パラ:28℃以上、18℃以下で同

・雨の確率はこの時期はごくわずかで、風も弱く湖は穏やかな傾向。
 しかし水温、波、風により荒れることもあるので、あらゆるコンディションに向け準備をしておくこと。

・スタートしない選手は、スタート地点のオフィシャルスタッフに速やかに棄権を宣言すること。

・ウェーブスタートは以下の通り。

AthleteGuide03.jpg

私は6:50ですね(^^)





<トランジット1(スイムtoバイク)>

・スイムの出口は緩やかな斜面、マットで覆われています。
・ウェットスーツを脱ぐために通路で立ち止まることは許されていない。
 
・ウェットスーツを脱ぐためにボランティアスタッフの手を借りることができます。

・エネルギー類の摂取、およびそれをバイクに持って行くことが許可されています。

・トランジットエリア内には、簡易トイレとエイドステーションが容易されています。




<バイク>

・コース上にメカニカルサポートが配置されており、トラブル時には利用することができます。
 チューブ・タイヤ・チェーン他の交換などが可能です。

・ペナルティテントとエイドステーションが以下の場所に配置されています。
   26㎞ エイド
   43㎞ エイドとペナルティ
   58㎞ エイド
   72㎞ エイドとペナルティ
   90㎞ エイドとペナルティ
   106㎞ エイド
   119㎞ ペナルティ

   反則を取られたところから次に近いペナルティに入らなければいけません。
   ITUルールを確認しておくこと。


・エイドステーションは3か所、それぞれ2回通るので6回利用できることになります。
 それぞれ簡易トイレが配置されています。

・エイドステーションで提供されるもの
  ・水(700mlボトル)
  ・エネルギードリンク(750mlで200カロリー)
  ・バナナ
  ・エネルギージェル(パワーバー)
  ・エネルギーバー(パワーバー)

・エイドステーションでは必要なものをコールして、各場所に自ら近づいて取ります。
 スタッフは渡すために白線を超えないように指導されています。

・コース上に、ボトル・スポンジ・カップ・エネルギーの袋を投げ捨ててはいけません。
 ボトルはエイド前後に配置されたボトルドロップに向けて投げるように。


・スペシャルニーズエイド
 ロングとアクアバイクの選手はスペシャルニーズバッグを指定場所に置くことができます。
 バッグの中には、エネルギー、スペアチューブ、ワセリンなど、必要となる可能性のあるものを
 入れることが可能です。
 スペシャルニーズバッグを取らなかった場合は返却しません。

 スペシャルニーズエイドはEllis Streetの以下の場所。
 26㎞と72kmの2回通りますが、72㎞の時だけ受け取ることができます。

AthleteGuide06.jpg



<バイクコース>
※詳細に文字で解説されていますが省きますw(P55~P56)


・バイクコースの上昇高度は約1009mです。(やべえ、、、思ってたより、ある、、、w)

AthleteGuide05.jpg


<トランジット2(バイクtoラン)>

・選手はトランジット入口前のボランティアスタッフにバイクを渡します。(スタッフがラックにかける)
・選手はラントランジットバッグを取り、男女別の更衣テントに入ります。

・簡易トイレとエイドステーションが利用できます。

・トランジットタイムはバイクタイムに含まれません。

・トランジットエリアではメディカルテントの利用が可能です。
 この時点で医療行為を必要とする選手はレースを続行することができません。
 メディカルディレクターの決定に従うこと。



<ラン/フィニッシュ>

・ランコースは平坦。
・ランではゼッケンを前面に回します。


<ランのエイド>

・ランでは3つのエイドステーションをそれぞれ2回通り、3周するため18回利用できます。
 約1.5㎞おきに配置されています。

・各エイドに簡易トイレがあります。

・エイドの提供物は以下の通り。
   ・水
   ・エネルギードリンク(185mlカップ、30カロリー)
   ・コーラ
   ・バナナ
   ・エネルギージェル(パワーバー)
   ・その他


<ランコース>P62~P63
※詳細に解説されてますが省きます。




<レース後について>

・バイクとギアのピックアップ
  フィニッシュ後、トランジットエリア及び朝預けたテントからすべての物をピックアップします。

  チェックアウト可能時刻は午前10:30から。
  バイクは午後7:00でクローズします。
  持ち出しはボランティアがBIBナンバーと照合を行います。

  紛失物については翌月曜日午前9:00~11:00にインフォメーションブースにて取扱います。

  バイク引き取りチケットを使うことで家族に引き取りを依頼することができます。



・リザルト
  www.sportstats.ca にてリアルタイムで確認できます。


・フィニッシュ後の食事
  フィニッシャーズテントにて、午後7:30まで食事が提供されます。
  最初の完走者から最後の完走者まで同じ物が提供されるよう用意されています。


・フィニッシュ後のマッサージ
  フィニッシャーズテントにて10分間の無料マッサージを受けることができます。

・紛失物について
  レース期間中、Rotary Park内アスリートビレッジのインフォメーションブースにて紛失物の問い合わせを受け付けています。
  全てのギアにレースナンバーのマークを付けておくことを勧めます。
  インフォメーションブースは毎日10:00~16:00にオープン、月曜日にはLakeside Resortに移動して
  9:00~11:00の間開けています。



<表彰式>
・Gyro Parkにて午後7:30~8:30。

・エリートの賞金は、1位1万ドル~!

・エイジは各エイジの上位3位まで表彰。



<閉会式・アフターパーティ>

・Gyro Parkにて午後8:30~11:00。
・誰でも参加可能。



以上~~。
おおお~~、読んどいてよかったwwって内容が結構ありましたですよ(笑)
空気入れ持ち込んだらアカンとか、レース外のものをトランジットエリアに残したらあかんとか、
スペシャルニーズバッグにワセリン入れられるとかww


ふむ、この情報を元に、シミュレーションしていきますかね(^^)


自分では読まないから助かった~って参加者の方は、
空港で飴ちゃん1個でも下さい( ̄▽ ̄)  (ウソウソw

100%訳してないし、よう分からんとこは飛ばしたんで間違ってるかもしれないです。
一応ご自分で読んで下さいませ^^;
ほんで、間違ってるとこはこっそり教えてくださいwwww



ブログランキングに参加しております!
いつも応援クリックありがとうございます~♪

ふふ~これで全容が把握できたからかなり不安感が減ったぜ!(笑)
エイドでは「うぉーたーーーー!!」って言っとけばええやろwww
なんとかなる、なんとかwwww

なんとかなるように、応援してやってくださいww
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

カナダ世界選手権の選手ガイド解読(1)

カナダ世界選手権の選手向けガイドがアップされてましたので
ざっとチェックしておきました~~。

https://penticton2017.com/athlete-guides/

athleteguide01.jpg


挨拶、大会の特徴や概要から始まって、
 (普段こういうのあんまり読まないんだけど、今回はちゃんと読んだw)
各種ルールについてチェックして問題ないか確認しておきました。
ざっと訳します、ざっと(笑)


<ユニフォームについてのルール>
・スキンスーツ利用可能
・ITUルールに沿った各国のウェアを着用
・キャップとレースベルトにはロゴが入ったものを使用できる

※確認事項
 カーフガード(コンプレスポーツ)、アームカバー(パールイズミ)を使うつもりだけど
 メーカーロゴは大丈夫なのかな?



<日程と距離>
エイジグループ・ロングディスタンスレースは、
・27日日曜日
・スイム(1周)3㎞
・バイク(1周+2周)120㎞
・ラン(3周)30㎞


<ロケーション説明>
ロケーションは以下の通り。

athleteguide02.jpg

スイムスタート場所が2つあるけどどっちだ?(笑)

バイクトランジットとラントランジットが同じ場所なのはいいですね~^^



<レース以外のイベント>
・選手団パレード 8/23(水)午後6時~
  ってことはこれは参加できないんだね。
  公式ツアーの現地到着は24日なので。
  (※ロングの日本選手団ミーティングは25日の午後5時)

・カナダ150周年パーティ(GyroPark)
  カナダのアーティストのライブなどをやってる模様。参加無料。

・パスタパーティ 8/25(金)午後6時(トレード&コンベンションセンター)
  選手は無料、家族は$40でチケット購入

・閉会式、アフターパーティ 8/27(日)午後8時30分~午後11時



<レース前関連情報>
・スイムの試泳について
  一人で泳がないこと、明るい色の水着を着ること。
  ブイで囲われた指定エリア内で泳ぐこと。
  レース時間帯以外に泳がないこと。

・バイクコース等の試走や下見について
  交通規則に沿って走行すること。自己責任で。
  可能であれば車でコースの下見をしておくこと。

・山火事が発生する場所であることを認識しておくこと

・野生動物
  熊、コヨーテ、ラトルスネーク、クーガーなどの遭遇に注意。

・野生植物
  ツタウルシに注意。


<トレーニング環境について>
・スイム
  オカナガン湖、スカハ湖、いずれも穏やか。
  ライフガードはいないので自己責任で。
  貴重品やバッグを置いたままにしないこと。

  レースコースの試泳時間は以下の通り。
  8月26日土曜日 午前6時~午前7時30分

・バイク
  ペンティクトンから北と南の方向が道路が舗装されていて走りやすい。
  アスリートビレッジにて自転車の地図が提供される。
  レース時間外は道路は封鎖されていないので注意すること。

・ラン
  KVRトレイルコース
  Channel Parkway
  ペンティクトンハイスクールの400mトラックが利用できる

・バイクショップ、メンテナンス
  2店舗あり。
  他にメカニックテントが2店舗



<交通情報など>
・駐車場
  中学校の駐車場を利用可能。
  レース実施日は交通規制があるので徒歩で来場のこと。

・レンタカー
  レンタカー店が少ないので必ず事前に予約すること。

・バス
  選手はリストバンドを見せれば無料でバスが利用できる。




<受付>
・受付日時に到着できなければレースに参加できない。
・選手は自分自身で受付し、必要品を受け取ること。
・写真付きのIDが必要
・タイムチップが受付時に渡されるので自身の物かを確認すること。

・日本選手の受付時間は以下
  23日: 1:30-4:00
  24日: 3:00-4:00
  25日: 2:30-4:00


・受付手順
 1、権利放棄のサイン
 2、受付、BIBナンバーを確認
 3、レースパッケージを受け取る。
   ・BIBナンバー、スイムキャップ、
   ・レースナンバーステッカー(バイク用1、ヘルメット用3(前左右)、ギアバッグ用1)
   ・バイク受取証、選手リストバンド、ナンバータトゥー(4)
   ・ギアバッグ4つ(スタート前、スイム→バイク、バイク→ラン、バイクスペシャル)
 4、お土産とオンラインストアのチケット(?)を受け取る
   ・1選手に1つ(複数出場でも1つ)
   ・VIPパッケージ、Extraパスタパーティチケット、ポストカード(?)
 5、タイムチップの確認
   ・登録を終了して退室する前に受け取ってスキャンすること。


・リストバンドはイベント中ずっと着用。複数種目に出る場合は種目ごとに発行されている。



<バイク・トランジットバッグ預託>
・バイクとギアの預託は、レース前日(26日(土))の12:30-4:30
 トランジットエリアにて。
・バイクとすべてのトランジット品(スイムからバイク、バイクからラン)をトランジットエリアに一晩預ける。
・レース当日の朝まで出し入れは許可されない。
・バイクのスペシャルニーズバッグ、スタート前バッグのみレース当日持ち込むことができる。
・リストバンドをした選手のみトランジットエリアに立ち入り可能。
・トランジットエリアはセキュリティスタッフが管理する


・ヘルメット、バイクシューズはバイクバッグへ

・バイクシューズをバイクに取り付けておくことは許可されている。
 しかしT2でバイクから外し、ランギアバッグに入れなければならない。

・全ての服やギア(シューズ含む)に名前を書いておくこと
 もし紛失した場合は、RotaryParkのインフォメーションブースへ。

・預託の前にバイクが安全な状態であることを確認しておくこと。
 すべての装備が確実に固定されている状態にしておくこと。
 検車を通ったら自身でナンバリングされたラックにかけること。
 バイクカバーは許可されていない

・レース当日バイクやギアバッグに触れられるのは4:45から。
 バイクスタートまでそこからバイクを移動させることはできない。

・エネルギー類については、当日の朝運び入れることを推奨



<ブリーフィング>
・エイジ
  8月26日(土)午後12時  Gyro Parkにて


<観戦者について>
・同伴ゴールは許されていない
・選手以外の観戦者は医療テントに入ることは許されていない。
 緊急事態の場合は連絡先に通知される。


<制限時間>
・フィニッシュ午後7時
・スイム:スタートから1時間35分以内にフィニッシュすること。
・バイク:スタートから7時間以内にフィニッシュすること。
・ラン :スタートから12時間以内にフィニッシュすること。

選手の通過情報はリアルタイムにwww.sportstats.caにて参照できる。
タイムチップ(アンクルバンド)は受付時のレースパッケージには入っていない。
レース当日(たぶん。記載なし)チップテーブルから受け取って足首に取り付ける。


<アンチドーピング/ルール>
・アンチドーピングルール、ITUルールに従うこと。
  http://www.triathlon.org/anti-doping
  http://www.triathlon.org/uploads/docs/itusport_competition-rules_2017.pdf



追加情報))

ウェアについて:

・ウェットスーツは5mmまで
・ランとバイクでは長袖のシャツをウェアの下に着ることができるが、
大会中ずっと着用していないといけない(途中で脱ぐことはできない)。
・アームカバーは着用可能だが、トランジット以外で脱ぐ事はできない。
 途中で誰かに渡すことも反則となる。




超長くなったので一回切りますw
この後は、当日の流れやコース情報、エイド情報などのようです。


自分に関係ないところはすっ飛ばしてますので、
でられる方はご自分でも読んでくださいね(^^;




今のとこそんなに疑問はないかな~。
まあ、行ってしまえばなんとかなるだろうと思いつつも、
日本語じゃないので事前情報は入れておきたいです(^^;;;


ご一緒できる皆さま、どうぞ宜しくお願いします(^^)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援clickありがとうございます!

初めての海外レース、不安でいっぱーい(笑)
でもいつもの「準備8割」でガンバリマス&
現地では雰囲気に飲まれまくって楽しみます\(^o^)/

おかーちゃんの大冒険に、応援クリックよろしくおねがいします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ




スポーツ大会出場奨励金を申請してきました【でるか7万!!?】

以前記事にしたことがありましたが、
自治体によっては、世界大会出場に対し奨励金を出してもらえるケースがあるようです。

私が住んでいる大阪府堺市では

「堺市競技スポーツ大会出場奨励金」

という名前で、

「全国大会以上の規模の競技スポーツ大会等に選手として出場する堺市民または堺市を拠点として活動する団体」

に対して奨励金制度があることが分かりました。



市のホームページにも記載があるのですが、実はこれがなかなか探し当てられず(笑)
申請書は見つけたものの詳細が分からなかったので、
パスポート申請のついでに市役所のスポーツ推進課に凸しました(笑)




対象の大会の範囲や、必要な書類、条件など、
自治体によって全然違うと思いますが、
一例として大阪府堺市の例を残しておきますので、
どなたかの参考になればと思います。




以下、堺市の例です。

対象大会は、
・国や国際オリンピック委員会、日本体育協会、及びその傘下団体主催
・国内予選や競技成績による選抜で出場できる大会であること

対象団体を調べてもらいましたら、ITUは含まれていました。
ので、ITU世界選手権は対象のようです。


1年度で2回まで、複数種目出場しても同一大会では1回です。

大会開催日の前日までに必要書類を添えて申請書を申請。
7月13日に書類持ち込みで申請しました(郵送でもOK)。
7月中には交付の可否をご連絡頂けるとのことです。


必要書類は以下の通り。

・堺市競技スポーツ大会出場奨励金交付申請書
市のWebサイトからダウンロードできます。
私は直接貰いに行きました。




・予選大会の開催要項・大会結果等の写し
2016年の五島長崎国際トライアスロンの、
 ・公式ガイド(受付でもらったもの)大会概要が記載されていたので
 ・ルールブック(事前におくられてきたもの)世界選手権権利獲得について書かれていたので
 ・リザルト
を提出しました。
コピーでいいと思います。私は特に記念に取ってたりしないので原本を提出しました。




・出場する大会等の開催要項の写し
これが存在しませんでしたので、ペンティクトンの公式サイトからメディア向けの大会Overviewページをダウンロードして印刷したものを提出しました。



担当者の方も「ここについてはこちらで追加で調べますね」とのことでしたので
やはり書面のものが欲しいのでしょうね。



・出場要件を満たすことを証明する書面(出場決定通知・推薦書・予選大会表彰状等の写し)
JTUの出場権についてのニュースリリースと、
権利獲得者一覧から自分の名前があるページだけ印刷して提出しました。




・出場する大会等の参加申込書等の写し
申込書等はなくエントリーもWebでしたので、
MSPOの申し込み結果ページを印刷して提出しました。





奨励金の交付を受けたら、大会終了後30日以内に参加報告書の提出が必要とのことです。


交付金額は、個人の場合で、
・国内の全国大会  3万円
・国際大会
  世界大会(オリンピック) 10万円
  世界大会(オリンピック以外) 7万円
  アジア大会      5万円

とのこと。
今回の場合は世界大会(オリンピック以外)なので7万円です。



まだ交付可否が返ってきていない段階なので情報としては不完全なのですが、
ペンティクトンやオランダに出場される方にも間に合えばいいなと思いまして
申請したよという情報だけですが記事にしました。

書類をチェックして下さった方の感じでは、
特に問題なくいけそうな気がしましたけどね~~~(^_^;)


結果はまた報告しますね!




ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます!

世界大会だけでなく、国内でも選抜を経てればいけそうです。(堺市は)
なので、国体などに出られてる方もバンバン使ったらいいと思いますよ!

無事交付されるといいねー!ってポチッて下さいませ(*^^*)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ



それとは別に皆様のご支援もありがたく頂戴しております(^人^)
お買い物の際はこちらを経由頂けると嬉しいです!



ITU世界選手権出場の流れ

世界選手権まであと1か月半です。

itu.jpg


ロングディスタンスは27日なんですが、
デュアスロンがあったりアクアスロンがあったりアクアバイクがあったりと
「マルチスポーツ」の世界選手権を一斉にやる、
18日から28日の長い長いお祭りのようなのです(*^-^*)



支払関係も済ませまして、
スケジュールや公式ホテルの案内も届きだしているところです。

あとはウェア関係が届くのを待っているとこですね。(支払はまだ)
8月に入るんじゃないかな?(^^;



ここまでにやったことをまとめておきます。
来年の権利を取っている人は参考にしてください。


1)参加資格の確認
ITUロング世界選手権の出場資格については、JTUのニュースリリースで毎年発表があり
2016年は6月1日に発表されてました。
http://www.jtu.or.jp/news/2016/160601-5.html

その直後の2016/6/19五島で年代別4位を取得しました。
優先順があるので10位以降の人はちょっと不安ですね。


正式に有資格者が発表されるのは、ポイントランキングが確定してから。
全種目一斉発表でした。
2016年は12月27日に発表になってます。
JTUニュースでの発表なんで、マメにJTUサイトはチェックしときましょう。



2)仮エントリー
有資格者発表と同時に、仮エントリーが始まります。

あくまでも仮エントリーで、本エントリーの案内をもらうための登録なので
行けるかどうか分からないけど資格を取ってる人は申し込んでおいてもいいと思います。
仮エントリーの締め切りは3月末でした。

私は1月3日に仮エントリーしてました。
やる気満々やんw



3)本エントリー
その後しばらく何の連絡もありません。
4月の半ばに(2017年は4月18日でした)本エントリーの案内が来ます。

案内内容は、
・公式サイトのリンク
・本エントリーサイトへのリンク
・本エントリーの締切
・公式ツアー申し込みサイトへのリンク、締切
・公式ユニフォームの申し込みサイトへのリンク
・海外旅行保険の案内
・渡航準備の案内
などです。


この時点ではエントリー締め切りは6月15日となっていました。

ので、未調整なところもあったので少しエントリーを待っていたのですが、
5月に入ってすぐ、「エントリー締め切りを5月15日に短縮する」という
メールが来ました。
理由は書いてなかったのですが、申し込みが多かったのかもしれません。
慌ててエントリーしました(^^;


・大会エントリー
 MSPOのエントリーサイトより
 2017年は64575円でした。
 エントリーと同時に決済です。(コンビニ・振込もOK)


・公式サイトのエントリー
 HISの申し込みサイトより。
 この時点では大まかなスケジュールのみ確認できます。
 スケジュールをチェックして自己手配すれば費用は抑えられるでしょうが、
 ホテルやフライトは決まっていないのと、空港からホテルへの移動手段が
 抑えられるかというのが難しいと思います(バイクがあるので・・・)。

 2017年ペンティクトンは298000円でした。
 フライト、ホテル、空港からホテルへのバイク移動費、が含まれます。
 成田か関空への移動、バイク持ち込み手数料、は別途です。

 決済は後です。



・公式ウェアの申し込み
 スポーツアシストの申し込みサイトより。
 トライスーツは購入必須(対象のものを前年度などで購入していれば使えます)
 それ以外は任意です。

 トライスーツは2017年はHUUB製、38000円でした。
 サイズが難しいところですが、私は前年参加された方に聞いてXSにしました。
 取り寄せて試着もできるようです。

 決済は後です。



4)公式ツアー決済・申込書提出
2回に分けてHISから決済依頼のメールが来ます。

5月末に60000円、
6月末に245010円、でした。

5月末に旅行申込書の入力を求められます。
パスポート番号の入力欄がありますが、「申請中」でもOKです。



5)JTUからの案内を確認・各自準備
7月に入るとJTUから大会情報の連絡メールが入ります。

大会サイト、スケジュール、コースマップへのリンクなどです。
天候や水温などの情報も記載されています。

ここで初めて日本選手団の公式ホテルが確定。
チームミーティングの日時も案内があります。
集合写真を撮るので公式ウェアで参加するようにと記載がありました。


・ITUのルール確認
・バイク輸送についての注意事項
・海外旅行保険についてJTU公認保険の案内
・たびレジ登録の案内
・ビザ取得の案内

など、必要な情報はメールに記載されています。
各自読んで準備を進めます。




と、ここまでが「レース1か月前」までにしたことです。
パスポートの取得、成田や関空までのフライトやバイク輸送の手配が必要な方もいるでしょう。

バイク持ち込みについてですが、
今回は関空からはエアカナダなのですが、バイクは32kg、3辺292㎝までOK。
(そのかわり手数料50カナダドルは必ずかかります)
なので、203㎝の輸送箱は使用しないことにしました。プレミアのパネルガードでいきます。

この辺もJTUからのメールに関連ページのリンクが貼ってありましたのでスムーズでした。
リアディレイラーは外しましょう、などのアドバイスもあり分かりやすかったです。



送られてくる情報を見逃さなければ&処理を先延ばしにしなければ
初めてでも特に迷うことはなかったです。



現時点までの情報です。
また追加していきます。



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

海外レースに慣れてる方はなんてことないんでしょうけど、
ほとんどの社会人トライアスリートは一生に1,2回!ですよね~^^;
かかる費用や参加資格などチェックして、
数年計画で貯金やレース目標にしてくださいっ!

オカンのおかげで興味が湧いてきた!って思ってくれる人が一人でもいると嬉しいです^^
どうぞ応援宜しくお願いします(^^)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ


費用については、、、みなさんのご協力分が本当に助かっています。
引き続きご支援頂けますと大変うれしいです!
お買物の際は是非こちらから(*^-^*)

カナダに持っていく日の丸フラッグの今。

カナダ世界選手権に持って行って元気を貰おうと
たくさんの方に応援メッセージをもらった日の丸国旗。


きっちさん&めうさんが
たーーーっくさんの自転車ブロガーさんやTwitter仲間のメッセージを集めてくれて、

堺浜でバイクチームとトラチームのメンバーからメッセージ貰って、

五島に持って行ってトライアスロン仲間のメッセージを貰って、



今、こうなっております♡




えへへ、真ん中の特等席は息子に貰った(*^^*)




みんなありがとね♡
見返す度に元気もらってます。



もう書くとこないんちゃう?って?


あるある!!(笑)



やしくまの腹の中とか、、、、w


なので、どこかから回ってきたら、
是非書いてくださいませ.゚+.(´∀`*).+゚.


これいいでしょ!Enjoy Pain!(笑)




そうだよねー(笑)
トライアスロンって、そういう競技(笑)



みんなほんとありがとう!!
宝物です!!!


ゴール前に預ける人がいないんで、
ラン30kmお供してもらいます♡


さあっ、気持ちあげていこっ♪



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます!

幸せです((( *´꒳`* )))

皆さんも応援も心に響いてます!
今日もポチッと宜しくお願いします(*^^*)
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへにほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ







世界選手権(カナダ・ペンティクトン)大会情報

ではカナダ世界選手権について調べていきます。
今年参加される方、是非情報交換しましょう!(^^)


なお、去年(アメリカ・オクラホマ)の日本からの参加者は86名で
女子24名、男子62名でした。
今年も地域が近いので同じくらいになるのではないでしょうか?

2015年スウェーデン・ムータラは女子26名、男子40名、
2014年中国・ウエハイは女子10名、男子37名だったようです。




●開催場所:カナダ・ペンティクトン

Penticton.png

カナダの南西部に位置します。

Penticton2.png


バンクーバーから400㎞。バスで5~6時間かけて移動します。

Penticton3.png



●日程:8月27日(Sun)6:40スタート

日本との時差は16時間。日本の方が16時間進んでいます。
24日(木)の夕刻に関空(16:15発)や成田(17:00頃発)を出発し、
約9時間のフライトを経て、現地時間朝10時に現地着(日本時間2時)です。

なので、時差を吸収するためにはいかに機内で寝ておけるかってことでしょうか。
かつ、現地移動のバスで寝すぎないこと?



●距離:スイム3㎞、バイク120㎞、ラン30㎞

ロングとミドルの間くらいですね。
スイム1時間、バイク4時間、ラン3時間なら8時間で終わります。
コース次第ですが・・・。



さあ、問題のコース。


●スイムコース

湖です!なので波はないか??

map-long-course-swim-1-610x895.png

行って帰っての1周。
直線距離が長い(1100m)ので、ブイが見えるかどうか・・^^;
五島の第2ブイと第3ブイの距離のさらに倍(笑)

全てのブイは右側。時計回り。

コンディションについては風次第かな。

The water conditions really depend on the weather. Athletes should be prepared to swim in a variety of conditions. On a perfectly calm day the lake is flat and still, however it is not uncommon for the wind to pick up and cause for choppy water.

だそうです。


現地で事前に泳ぐことはできそうです。
ウェーブスタートかどうかはまだ決まってないっぽいですね。
FAQに解答がなかったです(6/30現在)


T1/T2同じ場所ですね!これは準備が楽でいいな。




●バイクコース

スイムコースから湖に沿って北側を1周。行って帰って20㎞程度。
そこから南側の別の湖の回りのコースを2周。1周が50㎞ですね。

map-triathlon-LC-bike-v3.jpg

北側は完全平地ですが、南側はちょっと高低差ありますね。

10㎞で100m登って降りて、なんで、2-3%の登りが5㎞続く感じ?
勾配はたいしたことないけど5㎞登りっぱなしが4回あります。

SST12分4セットが対策練習かな(笑)

こういう緩く長い登り、近くにないんだよな~^^;



Stravaでルート引いてみました。

Penticton4.png

120㎞で1000mUPとなってますが、Stravaはだいたい1.5倍で表示されるのでそこまでではないでしょう。
600mUPくらいじゃないかな?とすれば0.5%なのでまあ平坦コースと言えるかなと思います。

ルートのリンク張っときますね。
TCXで落としてルートラボにもインポートできると思います。
https://www.strava.com/routes/9403856


●ランコース

市街地1周10㎞を3周。
すれ違いだらけですね!これは嬉しいなぁ~(^^)

map-triathlon-LC-run-v3-610x864.jpg


JPNウェア見かける度にエール交換ですね。
たのしみー!!


なお、同伴ゴールはNGです。



●気候

8月の平均気温は20.4℃、最高気温は28℃、最低気温は12.7℃。
平均風速8.5km/h。2m/sちょいってとこですね。微風。

昼間の平均湿度が37%!!カラッカラ!(笑)
コンタクト辛そうだな~・・・。

最高気温28℃なら大阪よりかなり過ごしやすいんですけど、
2016年にはこの週で31.7℃に達しているとのことなので、
暑くなる可能性はありますね・・・。



水温は19℃~23℃。

ウェットNGは水温24.6℃以上なので、まあNGにはならないかな。
(エリートは22℃以上で禁止になるので可能性あります)




●その他

公用語は英語とフランス語です。




フィニッシュタイム8~9時間、というところかな?
スイム53分、トランジ2回で7分、バイク4時間(Av.30km/h)、ラン3時間(キロ6分)。
が背伸び目標ですかね(笑)

となるとバイクの強度が確実に五島より高くなるので、
ランに脚が残せるギリギリのとこを見極めないとな。

堺浜でロングブリックやっておこう。
120㎞-30㎞はさすがにリスク高いか。80km-20㎞くらいで。


多分一番の敵はランの暑さですね。
ランスタートが丁度真っ昼間です。
28℃~30℃で30㎞は嫌だ~(^^;;;

まあ、それくらいの練習はしておきますです、ハイ。



なお、あたしのエイジA40 は去年実績で20人ちょっと。
日本からは2名の方が参加されたようです。

今年は五島で2位だったNさんと私は確定。他にいらっしゃるかな?(^^)♪


100人くらいの大日本選手団になってたりして!
たのしみでーーーーっす!!!!

あ、私、英語だめなんで、どなたか助けてね^^;;;



えーっと、次はスケジュールを見て行こうかなと思います。
時差的には去年でられた方のブログなどが参考になるかな?
ちょっと漁ってみますね~。



ブログランキングに参加しております。
応援ありがとうございます~♪

海外レース初めてなんで不安もありますけど、
こうして調べていくと楽しくなってきますね~(^^)
参加申し込みされてる方、ぜひ事前に交流させてくださいませ!
FBでコメント待ってます~♪

応援も宜しくお願いします!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ





世界選手権について

今朝はバイクを少しだけやりました。
週末ガッツリ走り&乗ります。


さあ、そろそろ次のカナダのことを調べていかないといけません。


その前にまず、トライアスロンの世界選手権について
改めて調べておきました。



ここを目指す方もいらっしゃると思うのでまとめておきます。


トライアスロン世界選手権(ロング)は、
前年度のトライアスロン大会の成績からその年代(5歳刻み)の上位者に出場権が与えられます。


以下の優先度順で権利が割り振られていき、最終的にMAX30名くらいに権利付与。
各年代20名まで出場できます。

1.前年度エイジランキング上位10名
2.五島Aタイプ上位12名、Bタイプ上位6名
3.佐渡Aタイプ上位6名、Bタイプ上位3名
4.推薦を受けたもの

ただし、2と3は年代優勝者のタイムから20%以内。
トップが10時間だと12時間を切らないと権利がもらえません。

わたしは2015年は制限時間ギリギリの14時間45分。
エイジ8位でしたがエイジトップの方が11時間を切っているので権利はありませんでした。

女子はロング完走者がかなり少なく、年代で12人いないエイジもあるので
完走すればほぼでられるという認識でしたが
そこまで甘いものではないようです。





男子についてはかなりの狭き門。
特に激戦の40、45、50については、総合順位でもトップクラスの選手だけに権利が与えられます。

総合入りの選手も含めての順位なので、
その大会でエイジ12位でも権利がない場合もあります。
今年の五島Aなんて総合5人中4人がM40なんでM40エイジでは8位までが対象。




JPNと入ったウェアを着て日本代表として世界選手権に出場することを目指す場合、
最も権利を得やすいのは五島Aでしょうか?

今年のタイムを見てみると、
男子35の12位: 11:55:25
男子40の12位: 11:26:29
男子45の12位: 11:30:16
男子50の12位: 11:49:51
男子55の12位: 13:01:36

と、だいたい11時間半以内が目安。
スイム1時間15分、バイク6時間、ラン4時間、トランジット15分ってとこですか。
バイク6時間て・・・・あのコースAv.30km/hですか・・・
あのコースでフルマラソン4時間ですかそうですか・・・


女子については順位より「トップと20%以内」の方が厳しいかな。
だいたい14時間30分以内に入ってれば大丈夫のようです。


五島Bだと、
男子35の6位: 6:29:04
男子40の6位: 6:40:51
男子45の6位: 6:18:20
男子50の6位: 6:44:05
男子55の6位: 7:15:46

男子45のレベルの高さよwwwwww

私B出たことないのでこれがどれだけ凄いことか分からないんですけど、
ハルさんが今年45の7位だったので、
あのスイムダントツトップ&強豪エイジのハルさんですらパンク1回(しかも修理激速7分w)で
こぼれてしまうレベルってことね。
ほんとにほんとに厳しいトップクラス。



五島や佐渡に出られない場合、対象になっているミドルでポイントを稼ぐという方法も。
・長良川ミドル
・セントレア
・みやじま
・伊良湖
しかし合計10ポイントは最低超えないと10位には入らないので、
どれかでエイジ2位までに入って1発で取るか
5位までに3つ4つ入るか。

、、、実力、時間、お金、全部要りますね( ̄▽ ̄;)
こっちの方が大変かな^^;;;



というような世界です。
男子は本当に凄いと思う。
カナダで会える皆さんはほんとすごい人ばっかりなんだなぁ、、。
尊敬の目で見るわ~。



権利を得ても、自費出場ですので行かない人の方が多いです。
去年のオクラホマで全エイジで80人くらいだったってことなので
各エイジで5-6人ってとこかな?

なので枠はあるのでしょうから「推薦を得る」ってのも方法の一つ。
自己アピールが得意な方は都道府県のトライアスロン協会に自己推薦文を書いてみてはいかがでしょうか。
マッチが推薦でスウェーデンの時に出てますね。



費用的には、全部ひっくるめて50万くらいはかかると思います。
公式ツアー30万、ウェアとエントリーで10万。
成田や関空までの移動や前乗り泊、荷物追加チャージ、現地食事等々で10万。

その時点で、ないわ!って思うか、
日本代表として海外でレースに出られることがプライスレスなので
一生に一度と思って捻出するか、ですかね。
自治体によっては5万前後の費用補助が出る場合もあります。


日程的には、今回は木曜出国-日曜レース-火曜帰国、です。
会社は4日有休使って休みます。
これもハードルの一つですね。


そしてもちろん家族の理解と協力が必要です。
不在期間最低でも6日。子育て世代は特に大変でしょう。

今年は夏休み中なんでなんとか実家を頼って乗り越えようと申し込んだら
今年から夏休みが早く終わるという最悪の事態にw
息子が実家に一人で行けるよう練習を重ねないと(^^;



と、様々な高いハードルを乗り越えて、初めて参加できる大会です。

今年、一生に一度、最初で最後と思って、
精一杯頑張ってきます!!


できるだけ情報は残していきますので、今後参加を目指す方の参考になればと思います。





なお、先日ついにHISから決済メールが来ましたので、
一部は家計から借りますと本日了解を得て
先ほど公式ツアー代金の決済を済ませました。


半分くらいは皆さんにこれまで協力頂いたアフィリエイト収入を使いました!
それがなかったら全く可能性のない話だったので、
本当に本当に感謝しております。
みなさん、ありがとうございました!!


まだツアー以外にも何かとかかるものですから(ウェアなど)
引き続きご協力を頂けますと本当に助かりますm(_)m
こちらのバナー経由でサイトに入り買い物をしていただけば
それが私への支援になります。
何卒、宜しくお願い致します。






さあ~、コースとか調べなきゃ!!



ブログランキングに参加しております。
いつも応援のクリックありがとうございます!

いろんな人の支援を受け、日本代表として行かせて頂けることを
本当に本当にありがたく思っています。
精一杯頑張って、その姿を見て頂くことで恩返ししたいと思っています。

どうぞ引き続き、応援下さいますよう、宜しくお願い致します、
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

2017五島トライアスロン記事リンク集

毎年恒例のリンク集です(^^ゞ

これあると、来年見返しやすいのだ♪
これからロングやろうって人や五島トライアスロン初参戦の人にも
参考にしていただけたら嬉しいです。



<準備>
持ち物リスト
レースプラン(エア五島)・レース目標設定
半年のトレーニング振り返りと自己暗示
レース前1週間の過ごし方についてまとめ


<レース計画>
2016五島分析と2017プランニング(スイム)
2016五島分析と2017プランニング(バイク)
2016五島分析と2017プランニング(ラン)
2016五島分析と2017プランニング(補給)


<レース情報>(研究室)
コース解説(スイム)
コース解説(バイクトランジット)
コース解説(バイク前半)
コース解説(バイク後半)
コース解説(ラントランジット)
コース解説(ラン)


<速報>
ゴール後の速報記事


<レースレポ>
五島レポ(1)スタート前から集中できていた
五島レポ(2)スイム編:こんなハードな五島の海は初めて

五島レポ(3)バイクトランジット編:よし瞬間1位!(笑)

五島レポ(4)バイク編1:分析と練習を生かし計画通りに
五島レポ(5)バイク編2:今年の五島はドMモードだ(^^;
五島レポ(6)バイク編3:ガーミン、死す。
五島レポ(7)バイク編4:最後まで休ませてもらえない

五島レポ(8)ラントランジット編:左手にサイコンを持って

五島レポ(9)ラン編1:身体が動く!楽しい!楽しい!
五島レポ(10)ラン編2:やっぱり元気をくれるのは仲間の存在
五島レポ(11)ラン編3:半年の努力を身体が覚えている
五島レポ(12)ラン編4:この瞬間を夢見ていた!!

五島レポ(13)ゴール後の夢の時間

五島レポ(14)夢の舞台へ。女子総合5位入賞


<レース分析>
使用ギア・グッズ・補給のまとめ
レース評価・課題分析(1)順位分析
レース評価・課題分析(2)スイム
レース評価・課題分析(3)バイク
五島2017レース評価・課題分析(4)ラン
レース評価・課題分析(5)トランジット・補給・ギア・テーパリング
2017年五島トライアスロン総括(勝因まとめ)




今年はあんまり情景を盛り込んでないし(レースに集中してた)、レポは少ないかな?と思ったけど
結局例年とそう変わりませんでした(笑)

しかも分析だけでレース分析だけで7記事書いてるし・・・(去年は1記事)
いい結果だったからしっかり拾っておこうと思ったんですよね。


改めて全部読み返してみましたが、なかなか読みごたえがありましたw(自分で言うなw



また来年、レース前に見返して、今回の成功をちゃんと引き継げるよう、
そして失敗を繰り返さぬよう、活かしていこうと思います(^^)



ブログランキングに参加しております。
いつも応援クリックありがとうございます(^^)

2017五島後のブログランキング最高順位は、総合39位でした!
毎日3000ポイントくらいありましたw
結果を祝福頂いている気持ちが伝わってとても嬉しかったです。
ありがとうございました(^^)

これからも、活動を見守って応援頂けると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ


皆さまがご協力下さるアフィリエイト収入に助けられております(^^ゞ
お買物の際にはこちらのバナーを経由頂けるととっても嬉しいです(^^)